« 異様に暑い? | トップページ | 訃報その2. »

2008年3月11日 (火)

ねむいっ!

 睡眠こそが「疲労」を解消する唯一の薬だと、食事時のテレビが喋っていたが、全くその通り。 今朝は朝6時半に仕事をし、再び眠るとスグに電話で起こされて又そのあとにも来店客が、てな具合でハッキリきちんと眠れてないためか、 病院帰りに立ち寄った嫁りんの実家近くの公園で孫べえと1時間ほど遊んだら、帰りの運転がさっぱりイケマセン。 何度も車線を越えそうになったり、気が付くと前の車が止まっていてハッとしたり、 これはやばいと思って友人と夫がオススメの整骨院へと行ってみる。昨今流行の保険が利く治療院だ。効果は絶大で、 そこでしばし眠ったせいもあるだろうが、身体が軽くなってるし、ただいま午前零時を回るところでもなんとかこの日記が書けている。 今夜こそちゃんと眠るとしよう。

 今日は球場の側の公演に始めて行ったが、素晴らしい所だった。海に面してなが~い遊歩道もあり、 季節の花が咲くようにいろんな樹が植わっている。今は紅梅白梅が見頃だった。子供用のアスレチックやブランコなどもあり、大いに遊ばせた、、 、って、自分が遊んだのかも~。ブランコなんて何年ぶりだろう!ぽかぽか陽気の中を親子と3人でゆ~っくり散歩したり、 キャラキャラ言う孫べえをからかったり、松ぼっくりをひらって教えてみたり、、、、至福のひとときだった。別れ際がイヤなんだが、 彼女も少しずつ成長して大人の言うことは何が何でも守らなくてはならないと悟ってきてるようだ。何度も「みっちゃんちに行く?」 と聞かれるのには参ったが、、、。

 たまたま五色台に建築中のK画伯の家を見学に行ったは良いが、 そこで又しても私らしいハラハラドキドキ事件に遭遇。九死に一生を得た。

 まるでモーテルに入ってるかと思われるような入り方でその路地を行くと、 細い山道の上にその現場があった。一応そこの路上に車を置いて徒歩で上に上がっていく。仕事中の大工さんに、「スイマセン。 あの道ってこのまま道なりに行くと途中でUターン出来ないんですか?」と訊いてみる。そりゃあ無理とその大工さんが言ったにもかかわらず、 念のため又しても徒歩で道の先を歩いてみると、ケッコウ広くなってる場所がある。なんだ、ここでUターン出来るじゃん? と思って早速車をそこまで移動、目出度くUターン出来た!と思いきや、さっき通った所は比較的安全であったが、 反対側から回るとなるとかなり厳しい道だった。数回切り返してようやくその鋭角のコンクリートの角を曲がろうとしたが、 助手席側の安全がイマイチ分かり辛いので、ブレーキをかけて助手席側のドアーを開けてみるとぞっとした。 全く余裕がないばかりかもしちょっとでもタイヤがずれると真っ逆さまにミカン畑の樹をなぎ倒しながら転落する状態。 余程運が良くないとここから落ちて助かる見込みはないだろう、と思わせた。しかし、 今更どうしようもないので運を天に任せてえいやっとばかりにハンドルを切る。ギリギリのギリで成功。ようやく胸を撫でおろす。 失敗は成功の元だ。次回からは素直に用意されている道を上がっていこう。!

 

« 異様に暑い? | トップページ | 訃報その2. »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ねむいっ!:

« 異様に暑い? | トップページ | 訃報その2. »