« 秋晴れの一日。 | トップページ | しょぼ降る雨。 »

2007年11月 4日 (日)

赤い大根を買った。

 本日休業と出して夫の全くの思いつきで徳島の脇町まで手打ち蕎麦を食べにドライブだ。本来なら家で横になっていたいところだが、 我が母をどこにも連れて行けない私は、このチャンスを利用するしかない。しかし、行ってみて「うだつの町並み」もなかなか良くて、 母も感激している。「遠くまで行かなくてもこんなに良いところがある」と。おそばも大層美味しかったが、 その町並みの真ん中で頂いたおぜんざいも結構なお味だった。

 ただ、あたしゃこのおみ足で、長距離を歩くのがとてもじゃないが大変で、いつもの10倍くらいの速度で歩いても、 たかだか100メートルが大騒動だ。色んなお店を覗いてはひと休憩してどうにか真ん中当たりまでたどり着いた。不思議なことに、 いつもは足が痛いと歩くのを嫌がり私があれこれ助けてナントか歩いている母が、私の状態を心配していて、 全然痛がらないばかりか逆に私の面倒を見ようとする。恐るべし母の愛情だ。二人がぼちぼちやってくるのを車のそばで待ちながら夫曰く、 「まるで介護タクシーになった気分だ」!いずれそうなるかも~。

 

 カンカン照りでもなく、曇りでもない程良い散歩日和で人出も多かった。「うだつ」という防火用の壁もここまで間近に見ることが無く、 なるほど先人の知恵かと感心する。この足さえ普通ならもっと楽しめたのに、無念。丁度行き会わせた産直市で「赤い大根」 など母に持って貰えるだけの野菜を買い、ひたすら車まで歩く道すがら人々の好奇の目にさらされて、障害のある人の気分を味わう。 小さい子供は正直で残酷だ。私は良いが、治らない障害を持つ人にとってはこの「目」はきついだろう。別に非難でも何でもなく、 「どうしたんだろう?」程度の目でもこんなに気になる。

 夕べは良いテレビ番組を見た。「差別」を実際に体験することで、その意味を理解させるという、 カナダのある小学校3年生の担任教師の実験が映像化されていた。この映像がコンクールでグランプリを取ったのは、 まだ世界が健康な証拠だろう。

 まずクラスを背の高さで半分に分け、高い方に赤いベストを着用させる。そして教師は「背が高い人は、低い人よりも劣っている。」 と色んな例を挙げて全員に告げる。そして低い人には特典を幾つか与え、無理矢理差別してしまうのだ。すると奇妙なことが起こる。まずは、 今まで優秀だった背の高い生徒が、途端に萎縮して黒板に文字も上手く書けない程になる。中にはこの逆境に耐えられずに泣き出す生徒も、、、。 逆に今まで大人しかった背の低い子が途端に元気になって、発言が多くなり、生き生きし始める。一番興味深かったのは、 ある遊びをしてその最後に整列をさせると、 先生は何も指示していないのに子供達はチャンと赤いベストとそうでないグループに分かれて並んだことだ。 やがてその生徒達にとっては過酷な日が終わるとき、赤いベストの子達を集めて先生は告白する。これはみんなに「差別」 のお勉強をして貰うためだった、決してあなた達を本当に劣っている人と思っているわけではないのよ、と涙ながらに説明する。そして、 明日からはこのベストは背の低い人に配ります、と言う。すると、今までしょげかえっていた生徒達が俄然元気になって、その翌日、 逆の立場になって特典が与えられるとその恩恵を喜ぶばかりで、誰一人自分たちが受けた差別が辛いものだったから、 背の低い人達を差別するのは止めよう、とは言わないのだった。

 この映像は人間の本質を突いている。相手の立場になる、ということの難しさ。体験しても差別感は残る。これが人間。 どんな人にも差別意識はあるんだということを、恐ろしい位教えてくれる。

 しかし、少なくはあったが、最初に特典を与えられた背の低い子どの中に、「私の友達はみんな背が高いけど、私より賢いし、 スポーツも出来るし劣ってなんかいない。だからそんな差別はしないで欲しい!」と泣き出した子供が居たことは救いだった。 この子の心の中が引き裂かれているのがよく分かった。そうなんだ、この少数派かも知れない平等主義者が必ず居るのも人間社会だ。

 

 久しぶりに嫁りんからメールが入ったので返信したら息子からこのパソコンにチャットしてくる。 どうやら今しも布団に入って寝ようという時に我が返信が入り、母親の苦行を知り骨折でもしたかと慌てたらしい。事情を説明すると、あれこれ 「肉離れ」の知識を披露して、薬代わりに孫りんの映像を送ると言うのだ。まあホントに便利。 テレビ電話状態だから布団に潜り込んでいた孫りんが父親の声で跳ね起きて画面に向かって走って来るところまで全部見える。 画面に向かって歌も歌うし、この私の映像に「みったん」と呼びかけるまでに成長。確かに薬代わりだ。

 お陰で今夜もよく眠れそうだ。昼間の疲労と孫効果で、、、。

« 秋晴れの一日。 | トップページ | しょぼ降る雨。 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 赤い大根を買った。:

« 秋晴れの一日。 | トップページ | しょぼ降る雨。 »