« 歌うということ。 | トップページ | 疲れた~。 »

2007年10月 2日 (火)

息が切れそうだ。

 昨日は余りに疲れていてこの日記も書けずだったが、今日も無理かと思っていた。 ただいま午前2時近くになってシャワーを浴びて少し元気になったので、まあ、少しでも書いておこうと思う。

 昨日のシェイクスピアは「マクベス」を取り上げた講義だったが、その中で「悪の定義」が登場した。イコール「秩序を破壊するもの」 とのこと。確かに殆どの悪がそれに当てはまるだろう。小さな所では、ちぇちの様な団体でも秩序を破壊することは最も許し難い悪の一つだろう。 秩序を乱す、ではなく破壊するまで行くとそれは悪以外の何物でもない。

 しかし、秩序を破壊しない悪というものも存在するのではないか?とぼんやりと考えた。そうなると「秩序」 の定義が難しくなってくるかも知れない。、、ここまで考えて面倒になってそれ以上考えるのを止めてしまった。しかし、次の疑問が頭を擡げる。 ある批評家が「マクベスが見た3人の魔女は実在するものではなく、本人の心の中に内在するもの、、、」 という説にむくむくと疑問が湧いてきた。普段占いやましてや魔女なんて信じてないクセに、 この作品には矢張り魔女が登場するのが自然だと思ってしまう。でなければ、バーナムの森が動くという予言をどう処理すればいいのか、、。

 その後のしゃんそん教室は次の発表会の話しで盛り上がっている。そうだった、まだチラシが出来てなかったのだ、 と本日はそれの作製に追われた。

 母がテレビの調子が悪いから買いに行きたいと言ってくる。2時間しかない時間を母の買い物と、夫の夕食で走り回る。

 月曜日のラストの予定はちぇちぃだが、台本を手に持たないでと言うと、途端に動けなくなっている。 朧気ながら動いている人に合わせて、全く違うタイミングで違うことをやっている。あ~あ。こりゃ大変だ。

 ま、やるっきゃない!

« 歌うということ。 | トップページ | 疲れた~。 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 息が切れそうだ。:

« 歌うということ。 | トップページ | 疲れた~。 »