« ようやく全体像が結べた。 | トップページ | クレオパトラ20分。 »

2007年4月 8日 (日)

晴れのち晴れの公淵公園。

 6時間に及ぶお花見は、降り注ぐ太陽光線を避けながらも、ここ何年か経験したことがない程に光のシャワーを浴び続けた。 折々の突風に桜吹雪が舞う中でお弁当を広げ、その中にふうわりふうわりと入ってくる花びらを除けながら箸を使う。 缶ビールの開け口にも花びらが落ちてきて蓋をする。何とも風情のある、、、、。あり過ぎか。

 場所取りの為、集合時間は午前9時半という早さ。しかしそれが正解で、穴場だという「ちびっ子広場」 には1時間後には文字通り子連れのグループがあっという間に増えていた。今日がどうやらお花見のピークだったようだ。 我が孫の事が思い出されてつい目が小さな子供にと行ってしまう。このところこんなに沢山の子供を観ることが無いので、大いに癒されたものだ。 しかしまあ、このごろの子供達って概して大人しいなあ。メチャクチャをやる子も、大声を出す子も余りいなかった。大勢の人が居るのに、 なんだかシンと静かな光景だ。実はそんな中、わがグループの飲んべえAがこっちだけで飽き足りず、お隣まで遠征して笑いを取る等あり、 我々のグループだけ妙に目立っていたのだ。「わ~っ」と笑ったら必ず周囲の人達がこちらを注目している。なんか、変。、、、私の小さい頃は、 桜の下でどんちゃん騒ぎの大人達も大勢居て、この日ばかりは無礼講とばかり、子供達もはしゃいではしゃいで、楽しかったなあ、、。 すっかり様子が変わったのは良いのか悪いのか?

 今日も例の怪しげなツーショットの写真を持ち歩き、みんなにお見せして12月のオペラの宣伝をしてきたものだ。リーダーが 「みっちゃん、しっかり宣伝していけよ!」と言ってくれる。ありがたやありがたや。持つべき物は友達だ。しかし、 予想以上にこの写真は受けたなあ~。やっぱり、この手の写真をチラシに入れるべきかなあ?

 

 ちょいと遠くで集合離散だったので、友人Yの家でおろして貰いそこで一服させて貰った。帰りを送ってもらうためだ。 「あんたが来るって言うから、美味しい草餅をもらっといたよ」と、実際美味しいでっかい草餅をぺろっと頂く。でもって、急に眠くなって、 その場で眠ってしまった。やっぱり完全には体力が戻ってないのか。まあ、太陽をこんなにも浴びたせいかもしれない。 少し眠ったお陰で元気が出て、帰ってからあたふたと作った夕食が我ながら美味。夫に「やっぱりお母さんの料理は美味しい」と言わしめてジ・ エンド。作る手間と時間の量に対して、食べる時間の短い事!こうした日々の営みは、桜の花のように無心に咲いて無心に散るべきなのだろう。

 

 明日はせめて午前中に母に日本の桜を見せねばなるまい。午後からは又しても忙しいおみっちゃんなのだ。

« ようやく全体像が結べた。 | トップページ | クレオパトラ20分。 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 晴れのち晴れの公淵公園。:

« ようやく全体像が結べた。 | トップページ | クレオパトラ20分。 »