« 美しいニッポン。 | トップページ | 私服のひととき。いや至福。 »

2007年4月24日 (火)

晴れのち雨。

 昨日友人の車に乗せて貰ってアチコチ動いたが、このお方に、「お話し引っ越し貧乏」という名前を付けた。今、この話題かと思えば、 その話題が十分終わっていないのに、又すぐ別な話題へと移る。で、その話が十分話し合われないまままたぞろ次へと移っていくのだ。 この様な思いつくままの会話の流れでは、話題を出した意味がないばかりか、実らないまま次へと移行するので、問題解決にも繋がらず、 ただただはき出すだけで、何も身に付かない、というか、心が貧乏になっていくような気がしたのだ。確かに、この人の問題は、 いつ聞いてもず~っと同じ状態で、ちっとも進歩していない。ま、これが彼女一流の自己防衛ととれなくもないが、、、。 すなわち深く考えて深く傷付かないためだ。

 しかし、深く考えないといけないと時は、持ちたくない重い荷物も持たなくてはならない。「やり過ごしてばかり」いたのでは、 結局は泥のように澱のように嫌な物がたまっていく。

 

 昨日は、余りに疲れていたので、運転を出来るだけしないようにした。昔のように無謀なことは出来るだけしないのだ。ぼちぼち、 私も自己防衛が必要な年齢か。以前のように、疲れや、困難を感じたら、それをバネにして体当たりをかけ、 そこから新しいエネルギーが生まれるのを楽しんでいた時代は、どうやら終わったようだ。足し算、かけ算から引き算、割り算へと、 移行の年齢だ。「還暦」とは、昔の人は上手い事言うなあ。

 今日も、先日のピアニストSさんから電話があり、舞台のあれこれについて長電話してしまった。 聞けば彼女の母上は本番1週間前に入院されていたらしい。生活の上の苦労を見せず、立派に勤め上げた彼女の精神力に今更ながら驚いた。 舞台でたった一人、孤独に戦っていたというわけだ。「色んな反省がありますが、近い将来、再び舞台に挑戦してみたい!」という、 彼女の明るい声にエールを送ったものだ。人生は一度きり。今出来ることは遣っておくべきなのだ。、、、勿論他人事ではない。

 

 今日になって、というか、朝起きてから、短歌12首作詠して速達で投函。そのついでに母を送っていったが、全く時間に無駄がない。 ていうか、ごにょごにょごにょ。今回もオリンピック精神だ。

 

 今夜は自分自身の声楽のレッスンでもあった。口内炎やら腰痛やら、はたまたむち打ちをものともせず、頑張るには頑張ったが、、、、 チカレタび~。さて、これを暗譜となると、、、も一つムムム、、。

 

« 美しいニッポン。 | トップページ | 私服のひととき。いや至福。 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 晴れのち雨。:

« 美しいニッポン。 | トップページ | 私服のひととき。いや至福。 »