« やることは全部終わった。 | トップページ | ねむ~。 »

2007年4月 1日 (日)

闘いが終わった。

 今日という一日は朝から自分の体調、とりわけ声との闘いだった。特に舞台での練習時には必死で、身体の使い方に神経を行き渡らせた。 どうしたときに声が割れるか、どうしたときにかすれるか、、、。一声一声確認しながらの作業は他の出演者達の事も気になりながらも、 最後は自分の事だけを考えてやっていた。リハの時にこれなら出来るか、とつかんだ気になっていたが、本番は、 矢張りその時の慎重さが半減して、ともすれば声がおかしな事になりそうだった。プラス演技、プラスピアノの音が聞こえない、で、 途中からこれは最後まで歌えないか?と思ったほどだ。まあ、あのプリマの足下にも及ばないということだ。当然と言えば当然だが。

 しかし、経験はいつも、何かを教えてくれる。

 

 予想通り、このごろではオカマは全然珍しくなく、T先生のオカマ振りは期待以上には笑いを取れなかった。 12月の公演はこの点を心してかからねば、、、何たって、何が一番観客の気を引いたかと言うに、 ニットのワンピースの下の方が妙なふくらみ方をしていたというのだから参った!観客はホントに色んな点を見ている。 一番力を入れて練習しているはずの、声楽的な事は「出来て当たり前」で、おべんちゃら以外は特にコメントは頂けないのだ。今年は「笑い」 についてたくさん学ぶことになりそうだ。

 

 まあ考えてみると還暦を過ぎて未だ舞台で歌わせて貰えてるのだから、有り難い事だ。 車の運転と歌を歌うのとどっちが長く出来ることだろうか?

 そのどっちよりも長く出来るものがあるでしょ!?と東の方から神童の声が聞こえてくる。ハイハイ、それまで長生きできれば、 ベッドで短歌も悪くない、ってね。ハイ、おやすみなさ~い。チカレマシタ。

« やることは全部終わった。 | トップページ | ねむ~。 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 闘いが終わった。:

« やることは全部終わった。 | トップページ | ねむ~。 »