« やっぱり風邪だ。 | トップページ | 結婚。 »

2007年3月24日 (土)

知らなかった、、、!

  大好きな「しだれ桜」が実は桜の病気だったとは!しかもその病気になった桜は二度と元に戻れないという、 不治の病なんだそうだ。ふひょ~っ!そんな理不尽なことが!あのように美しい桜が病気だなんて。健康そうな桜よりもずっと美しく見えるのは、 私の心が病んでるから?、、、と、ここまで書いてチョット待てよ?こういうときはネットで調べるに限ると、妙に熱が入ったアチクシ。 見つけましたぞよよよ。「エドヒカンを品種改良した栽培種」

 やっぱりねえ~。 そうだと思った。あの美しさが病気だなんて、とても信じられない。さあ、ぼちぼち、花見のシーズンだ。穴場を捜して行くとするか。 去年は母を連れて行ったら花びらを受けながら「少し寿命が伸びた気がする」と言ってくれたもんなああ。今年もどうしてもお連れしなくては、 だ。昨日から私の風邪で近づけないことにしているが、早く直さねば、、。

 

 本日は親戚の結婚式に参列した。「人前結婚式」というものだったが、司会者の説明にちょっとひっかかったなあ。 「姿形の無い神や仏に誓うのではなく、いまここに同席の皆様にお誓いする、、云々かんぬん、、、」そんな、私たちに誓われてもなあ、、、 リンダ困っちゃう!なあんて、不届きなことを考えながら、固めのキス、いや、誓い?のキスを眺めていた。 宗教を持たない私のような人間がもの凄く増殖して居るんだろう。しかし、こんな私が言うのも変だが、「祈る」という行為には、 私は全く違和感がない。人間には特定の対象が無くても「自然に手を合わせる」ということがあるのではないか?いや、 それと今日の人前結婚式とは関係がないが、、。ま、結婚式も、これからは多様化してくるだろうなあ。

 今日の花嫁は最後に素晴らしい「手紙」を読んでそこに居た人々の涙を誘った。何処が素晴らしかったかというに、通常、 両親にのみ宛てるものを8人家族全員に宛てて読み上げ、一人一人への思いの溢れたエピソードを盛り込んでいたことだ。例えば、 「おばあちゃんに初めて入籍したと話したとき、寂しくなるねえと一杯泣いてくれましたね。」とか、「私の大好きなお母さん、 授業参観の時いつ来てくれるかっていつもいつも待っていたことを知ってますか?(彼女は4人兄弟の末っ子だったのだ)」等々、 気負いのない飾らない自分の言葉で丁寧に表現されていて、そこに若干22歳の等身大の女の子が居たのだった。

 本日は夫の代理で参加したが、お陰で美味しいフルコースのお料理をたらふく頂き、様々な人々の人間模様を拝見し、笑ったり泣いたり、 旧交を温めたりと、まずは充実した時間であった。この風邪さえなければ、、、、!

 実は明日も結婚式だ。これは披露パーティだけだが、、、さあ、どんなことが待ち受けているのか。 こちらはこちらで大変楽しみではある。、、、治る暇がない私の風邪だ。

« やっぱり風邪だ。 | トップページ | 結婚。 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 知らなかった、、、!:

« やっぱり風邪だ。 | トップページ | 結婚。 »