« 野菜って良いなあ。 | トップページ | 始まった! »

2007年2月12日 (月)

「おかしみ」について。

 今日は母を連れて、好評に付き4日間のみのリバイバルだとのことでマキノ雅彦監督(津川雅彦)第1作めの映画を見てきた。 確かにおかしいが、頭もおかしくなりそ、、、、。

 芸達者ばかりの俳優のリアリティには感心したが、内容がねえ~。ハッキリ言って品がない。 祭日とあって結構な人が映画館に足を運んでいる。この作品はちょいとマニアックなものが好きそうな人が来てる感じだったが、 この手の笑いにはイマイチついて行けないおみっちゃんであった。そりゃあ一応笑ったけどねえ~。

 おかしいというのは、そりゃあ好きだわ。笑いの無い生活は全く味気ないし、時々笑わない人とかに出くわすと、 無性に笑わせたくなるんだねえ~。しかし、笑いにも種類がある。下ネタは特に扱われ方に好みがある。 この映画のように前編これ下ネタというのはねえ~。、、、と想いつつ、、、今思い出すのは妙におかしい主役の死に顔だったりするから、 確かに力作だったんだろう。発想は確かに面白い。副題に「罰が当たるほど面白い」と書いてあったのも確かに。だけどイヤなものはイヤなんだ。 、、変な映画。母はどう思ったのか、、、?そういえば、感想を聞いてなかったなあ。ハハハ。

« 野菜って良いなあ。 | トップページ | 始まった! »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「おかしみ」について。:

« 野菜って良いなあ。 | トップページ | 始まった! »