« ふつうであること。 | トップページ | 今日は雨のち晴れ。 »

2007年1月 7日 (日)

明日は孫りんの誕生日なのら〜。

 朝は嫁りんの着付けをして、神社にお宮参りをし、そのあとお誕生会だ。う、朝早起きしなくちゃならないのに、とうとう見てしまった、「白虎隊」今からもおう寝ようか、という時間になって新聞を見ていて思い出してしまった。前編を見ていたので、そのお話の説明をしたり、息子たちと日本の歴史についてあれやこれや話しながら作品を倍楽しんだお陰で、とうとう最後まで見てしまった。しかもぼうだの涙涙で、若い二人の顔も見られない。照れ隠しに「親子ものは弱いのよねえ」というと息子の「孫が出来ても?」という冷やかし。「出来たから尚更よ」と風呂場へ逃げる。湯船につかりながらも歴史の中で虫けらのように死んでいった若者たちの事を考えていた。シェイクスピアの言う、まさしく「性格から来る悲劇」そのものの会津藩の人々。今の世にというか、主に今の政界に色濃く残っているという薩長と会津藩の対立、力関係を思うとき、このお話がそれほど遠い昔のことでないことがよく分かった。何しろ写真が残って居るんだからなあ〜。日本もつい最近まで国内で切ったはったをやっていたんだ。
 人間くささが出ている作品で内舘牧子のそれとわかり納得。同じ地方色の濃い作品でも「うどん」とはえらい違いじゃあ〜」と言う息子の声にみんなで笑ったことだ。

 さ、まじで寝〜ましょ!

 

 

« ふつうであること。 | トップページ | 今日は雨のち晴れ。 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 明日は孫りんの誕生日なのら〜。:

« ふつうであること。 | トップページ | 今日は雨のち晴れ。 »