« 本日はばてばて〜。 | トップページ | やけのやんぱち。 »

2007年1月21日 (日)

演じる。

 人はみんな日常の中で演じて暮らしている。別にシェイクスピアの論に頼らなくてもそんなことはよく分かっている。わが母も、私に対する態度と、孫に対する態度、同居家族に対するそれや、近所の人たちとのお付き合いも、全てこれ演技しわけている。学校では先生が先生らしく、会社では社長が社長らしく、お坊さんはお坊さんとしての演技を日々送っているはずだ。、、、だのに、いざ芝居をやるとなると俄然難しい。舞台で観客に見せるとなると本来の演技力はどっかに消えてしまう。、、、簡単に言えば、その演技しなくてはならない者になり切れないのだ。
 今日のとある劇団の照明リハでは、まさしくそれが感じられた。まだ本公演まで間があるし、きっと過去の経験から行くと本番は別物になっているのだろうが、、、、。どう見せたいか、が優先していて、心が入ってない役者が何人か居る。ダンスにしても形が出来ていれば良いというものではない。そこにハートが感じられてこそのミュージカルダンスだ。一人くらい良いだろう、と言う気持ちがそこに働いているとそれが全体の足を引っ張る。観客はまずいところに目がいくものだから。
 
 それにしても久しぶりにこの劇団の練習室に行った訳だが、ホントに変わりなくみんな良くやっていると感心もした。「必死」であるということはひしひしと伝わってくるし、同じ目標を見据えての協力は端から見ても気持ちが良いのだ。昔、ここで汗水垂らして踊り歌いお芝居したのが夢のようだった。若いということは素晴らしい、、、って、その時既にあたしゃ若くはなかったんだった。テヘヘ。50歳過ぎて台本を書いたと新聞に取り上げられたことが在ったのだから。いやあ、昨日の画家さんのお話で、年齢はただの数字だ、と言われたが、いや全くその通り。人によって年齢は大いに違う。、、、と言うことにしておこうか。

 今日は初めての試みで発表会前のピアノ合わせというものを先生抜きで何人かやったのだが、ピアニストS嬢のお陰でなかなか良い勉強になったようだ。音楽は一人では作れない。

 やれやれ、短歌の締め切りが又迫っているなあ、、、、。

 

 

« 本日はばてばて〜。 | トップページ | やけのやんぱち。 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 演じる。:

« 本日はばてばて〜。 | トップページ | やけのやんぱち。 »