« さぶっ! | トップページ | 居続ける冬将軍様。 »

2006年3月13日 (月)

冬将軍が帰ってきたあ〜。

 朝から体調が悪くぐずぐず。病院に行こうとすると来客が。ま、わがまま営業してるから大きな顔して「定休日です」とは言えないわけだ。そうこうしているうちに外は時ならぬ雪。一瞬はかなり吹雪いたから驚く。「雪、だ〜いすき」といってた頃が懐かしい。風邪だろうと自己診断して、過去の薬を掘り出して飲んでみる。シェイクスピアの受講は本日お休み。いやあ、やわな身体になったもんだ。

 午後2時からのシャンソンにHさんが写してお嬢様がCDに焼いてくれたものをカメラやさんから持って行く。みんな舞台で楽しそうにしているのがしっかり映っていて、良い記念になったことだろう。今日はレッスンはしないでお喋りばかり。次の舞台を決めて向上を計ろうと言うことになった。3ヶ月ごとに2曲覚えることにみんな同意。さあ、出来るかなあ?しかし、ホントに上手くなるためにはこれしか無いだろう。

 帰りに昼夜兼用の食事にメンバーに付き合って貰う。こうして呑んだり食べたりが大切なんだ。

 その後はようやくNY行きの申し込みを完了。予約金を支払ってから急に体力が気になり始めた。ちと遅いが、、。いつもこうだ。走る前に考えず、走ってから考える私。
いつだったか、遠い海の向こうのテトラポットを眺めていて、深く考えもせず泳ぎ始め、途中で水泳が得意じゃないことに気が付いた事がある。目の端っこに地元の漁師さんが網の手入れをしていたのは気が付いていて、もしもの時は助けてくれるかも〜なんてこと思ったかも知れないが、、、。あのとき、どうにかこうにかたどり着いたが、自分の性格に呆れたもんだった。行けば帰らなくてはイケナイし、もう最後は何泳ぎでもない、ただ水と格闘しただけの悲惨な状態で、浜に打ち上げられたイルカのようにたどり着いたモノだ。、、、あのころと性格がち〜っとも変わってないなあ。人はこれを「無謀」という。(^O^)
さあ、5月のニューヨークは果たして無事終わるだろうか?それまでに体力を付け直しとか無くちゃあ。

 手続き中にもう一つの約束ピアノの発表会に行く時間が過ぎてしまう。以前の私なら、なんとしてでも駆けつけたところだが、、、今日は二つもパスしてしまった。

 しかし、それで正解だった。今日のちぇちはW先生が遅れるとのことで、つなぎが必要だったのと、あと10日後に迫った演奏会の練習は自分のためにも必要だったからだ。

 帰りに偶然「コクーン」なる女性二人バンドの話題をラジオで聴いたが、かなり惹かれた。テーマを親子とか、家族に絞り歌い始めた50前後の女性二人が人々に感動を与えているというモノだった。一度聴きたいと思わせる声と内容だった。確かに世の中ストレスを抱えた子供や親がどれほど多いか、、、もし歌がそういう人たちの癒しや生きる力になれればこれは素晴らしいことだ。

 娘が電話してきてあれこれ話している中でフジコ・ヘミングの話しになった。実は先日上京した折りフジコさんのお家を見物してきたのだ。ヨーロッパ風のとんがりのついたグリーンの塀。住まいらしい二階のバルコニーは暗くて今そこにいらっしゃるかどうかは不明だった。
娘が「私は何故こんなに彼女に惹かれるのかと考えてみたら、あんな風に年を重ねても確固たるモノを持っていて、誰も真似できないところがある。そこが良いのよねえ」、、そうなんだ、若者を引きつける程の力が溢れているよなあ、彼女には。

 

 

« さぶっ! | トップページ | 居続ける冬将軍様。 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 冬将軍が帰ってきたあ〜。:

« さぶっ! | トップページ | 居続ける冬将軍様。 »