« スポーツクラブ。 | トップページ | 悪夢の月曜日。 »

2006年3月26日 (日)

動物と人間。

 先日の音楽祭であるグループがタイトルは忘れたが、「動物と人間。ちょっと形が違うけど、おんなじ地球に生きている、、、、」という良い歌を歌った人たちが居て、最近のニュースでの飛び矢の刺さった水鳥が映っていたことなど思い出したことだったが、今日は「子ギツネ物語」を映画館で見た。実は先日のカルチャーの発表会の反省会というか打ち上げというか、とにかく指導者と呼ばれる人たちが初めて一堂に会するというイベントに参加した。みんな同じ建物で教えて居るんだけど、すれ違うばかりで話したこともなくお顔に覚えもない方ばかり。それぞれ自己紹介から初めたのだが、だんだんうち解けて色んな話しが出来るようになる。私のテーブルに居たご夫婦がなんと毎年ちぇちの落語ペラに来て下さっているという!これにはびっくり。聞いてみても共通の知り合いは居ないのだ。出演者の人たちのことも良く覚えていてくれて、有り難いお客様だった。この方達は太極扇といって太極拳の手に扇子を持ってやるものをされている。ハーモニカの先生や、お琴、大正琴、バレー、バリダンス、フラメンコなどのダンス系は勿論、「私は映画俳優です」という人も居て、しっかりFMにお誘いして了解を頂く。どうもやくざ映画で殺される役が多いみたいだったが、そういえばちんぴら風かも〜ハハハ。本物のやくざ屋さんもハンサムな人が多いからなあ。今日はお陰で沢山のFM出演者をゲット。当分はラクチンだ。

 で、行きは送ってもらったが、帰りがタクシーだったので、って、理由にならないが急に映画に行きたくなった。アルコールが入っているから眠るかと思ったが、寝る間はなかった。うん、良い映画だった。というか、あたしゃ動物に弱いんだ。それにしても今日のキツネ君はホントに可愛かった。テレビのコマーシャルで見て、泣くだろうなあ、やだなあ、、、と思っていたら案の定監督の思うつぼ。映画が終わっても後のテロップにず〜っと元気なときのキツネが映っているもんで、誰も立ち上がらない。、、、この映画、何が良いって、命が限りあるからと単に悲しむのではなく、人間も同じように限りある命を生きているんだということが、ごくごく自然に描かれている。押しつけがましいところが無くてこの手の映画にしては良い出来ではないかと思った。

 でえ、何となく次の作品を見ていて、通の友人に電話してみる。次に何時来られるか分からないから、もう一本良いのがあれば見たいと思ったわけだ。すると彼女はイマイチ分かってないが、アカデミー賞取った「シリアナ」を見たら?と言う。彼女の情報では今年のアカデミーは地味な作品が多くて、あんまり興味は無いんだけど、、、との事だったが、全くその通り。これは例によってアメリカがアメリカを告発する類のもので、アメリカ人にとってはセンセーショナルな映画だろうが、ニッポンジンの私には、、、、だった。ジョージ・クルーニーがまあ見たい人ではあったが。小さな部屋で、テンポの速い作品を見さされて!ちょいとついて行けない場面もあったなあ。しかし、この難解な作品故に本日は助かった。映画が始まって間もなくどんな作品と勘違いしたのか、ちゃらちゃらしたきんきらのジーンズ姿のお姉ちゃんが私の目の前に席を取って(指定席)闇の中で携帯電話を開いたりメールしたりをやり始める。携帯の明かりはこんなにも明るいのだとうんざり。これを注意すべきかどうか、、、悩んでいる内に画面がどんどん進行して目が離せなくなる。しかし、おそらく彼女たちにとっては予想外のつまらなさだったに違いない。途中から一人は完全に爆睡。やがてその連中はぞろぞろ出て行ってくれたのだ。やれやれ。

 それにしても、この余りに違う世界のような二つの映画。同じ地球の上できっと確かに行われている人間の営みなのだ。この映画に描かれているようにアメリカという、見ようによっては全くいやらしい國。そこにも、子ギツネのような小さな宝物を大切に守って生きている人たちもきっといるに違いない。いやいや、その心が無くては真の芸術は生まれない。一筋縄では行かないアメリカの地に、再び立つことになる。

 

 

« スポーツクラブ。 | トップページ | 悪夢の月曜日。 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 動物と人間。:

« スポーツクラブ。 | トップページ | 悪夢の月曜日。 »