« 栄養。 | トップページ | さぶっ! »

2006年3月11日 (土)

オペラとは、、、、?

 はるばる海を越えてオペラ観賞をしてきたが、オーケストラに素晴らしい大道具、衣装もご立派だったが肝心のお歌の方が、、、、。たださえ難しいモーツアルトを日本語でという難解極まりない作業を、さぞや練習が大変だっただろうと思いはしたが、まずは声が飛んでこない、意味不明瞭といった具合で、私の周辺は寝てる人が多い。私のようにこの演目は自分たちも上演したので内容を良く理解していても、沈んだ舞台には眠気が、、、。知人に偶然会って同じ意見を交わすことになったが、共に知人の出演で応援の意味で駆けつけたということが分かった。もし私がこのキャストでやるなら、オケは使わずせいぜい小編成の室内楽程度か。あと二人くらいしっかりした声のソリストを加えて全体を締めることを考えるなあ。
偶然会った友人とその友人ともども居酒屋へ繰り出し、オペラ談義、芝居談義に花が咲く。これが良いんだよなあ〜。公演の後のお喋り。おいしいモノやお酒が付くといっそう良くなる。女4人で思いの丈喋り、笑い、楽しい一時だった。

、、、帰宅して、いやいや、ホテルに帰り、偶然「ドン・カルロス」深夜オペラを朝の3時半まで観てしまったが、それというのも、一体何処がどう違うのかを自分なりに考えたかったからだ。
結論は矢張り「声」だった。この作品のキャストは準主役がおじいさんだが、それでも朗々と歌い続け、観客からやんやの喝采。主役はアラーニャだから当然としても、、、勿論世界の大歌手たちと比較する訳ではない。問題にしたいのは作品の求める方向性だ。何を一番に持ってくるかを制作の最初に過たないことだ。

 禁煙ルームが無くて少々たばこ臭いシングルルームで眠気と戦いながら最後まで観てしまったが、その割に薄い上布団に慣れず寝苦しい。朝7時に半身が外に出て冷たくなっていて目が覚める。再び温度を上げて寝たが翌日の有名喫茶店でのモーニングの約束に、Kさんの電話で起こされなんとか起きたら9時。鼻水ぐちゅぐちゅで風邪気味。あ〜ぁやんなっちゃうなあ〜くたびれた〜。

 

 

« 栄養。 | トップページ | さぶっ! »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: オペラとは、、、、?:

« 栄養。 | トップページ | さぶっ! »