« 格闘して貰った。 | トップページ | なんとなく、、、 »

2005年5月22日 (日)

日本はカルメンの年?

 至る所でカルメンだ。
日立市が日本初の野外オペラでやるらしいし、香川でも県民ホールに海外組がやってくる。四国二期会もカルメン。そして、来週の「題名のない音楽会」ではなんと歌舞伎役者が「ハバネラ」をバックに踊るというか蠢くというか、歌舞伎調の動きがテレビの予告であった。
そもそもこのカルメンは音楽は素晴らしいが、初演でこけたことがあるそうな。だが、それとは別な意味で、女心がかなり難解なドラマではある。まあ、不器用な女性だと言うことは出来るだろう。好きでもないのに好きな素振りは出来ないというまっすぐな気性なのだ。そこを曲げるくらいなら死んだ方がまし、と言って、ホントに殺されちゃうお話しだが、、、、こんな女性がホントにいるかとなると、かなり疑問だ。何も命に替えるほどの事じゃあ、、、と多くの女性は思うだろう。最近流行りのストーカーのはしりがドン・ホセということだろうが、自らストーカーに身を投げ出す人は現代女性には居ないだろうなあ。でも、それでも殺されちゃう人が後を絶たないのは、身を守りきれないだけだろう。まあ、間違ってもその対象にはなり得ないアチクシと致しましては、その昔、このカルメン役の役作りで苦労したもんだ。先ず第一、よってたかって男が寄ってくるというフェロモン出しまくりの女性なんて、どうすりゃ良いのよ!てな具合だ。まあ、今となってはこれも懐かしい。、、、全ては遠い過去になった。今日の会長様のお歌の「津軽のふるさと」のように、何もかもが「懐かしい」というキーワードで結ばれる。
数ある会長のコンサートの一つが喫茶店で行われたのだが、あのお声は矢張りステージ向きだ。自宅で大音量でCDを聴いているような感じだった。たまたま本日テレビで某外国人テノールが「オーソレミオ」を歌っていたが、手前味噌ではなくその人より遙かにテノールとしての魅力を持って居る。と思った。まあ、生声と機械を通しての音の違いはあるだろうが。いつまでも歌えないんだからもっと積極的にご披露したら良いのにとつくづく感じた。
 それはともかく、昨日の日記に嘘を書いたようだ。ソプラノ歌手の名前は中嶋啓子らしい。矢張り見ている人が居るモンだ、テレビというモノは。あ、又違った!ラジオの話しだった!最悪!
 

 

 

« 格闘して貰った。 | トップページ | なんとなく、、、 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 日本はカルメンの年?:

« 格闘して貰った。 | トップページ | なんとなく、、、 »