« 生き甲斐。 | トップページ | カルメン。 »

2005年5月15日 (日)

あれこれ。

 今、教育テレビで「魔笛」の抜粋が流れている。自然と一昨年の我々の公演を思い出す。よくぞこんな難しい作品に取り組んだモノだ。まあしかし、楽しかったこともあったし、実際苦しかった練習や本番の緊張が、何とも言えず懐かしいではないか。ソリストの厳しい訓練も重唱のみんなの繰り返し行われた練習も、今となってはただ懐かしい。、、、やっぱりオペラは面白い!もの凄く大変だけど、だからこそカモ知れないが、他のモノとは比較にならない面白さがある。きっと、今回の「ホフマン物語」も、何年か経ってみると、強烈な懐かしさで思い出されることだろう。費やしたエネルギーに比例して、その思いは強いだろう。
しかし勿論オペラの楽しさの一番は音楽にある。この音楽の素晴らしさ。それぞれの作曲家達の個性溢れる音楽に、私達はある意味駒のように動かされるのだ。「音楽の世界を、生きた人間が演じる」この面白さからは到底逃れられないだろう。いや〜、、、オペラはやっぱり面白い!
ん?こないだは映画だったような気が、、、、


、、と、ここまで書いたら娘から「見たよ」の電話が。しばらく音楽談義に花が咲く。「何故やるの?」と訊かれて、二人とも「止むに止まれぬ気持ちから」と答えるしかない。「そこに山があるから登ると言ったあの名言が実感となって迫るねえ」と。

 今日は昼間は吟行で五色台だ。白峰御陵は久しぶりだったが、むかしのまんま佇んでいた。どこもかしこも緑一色で、美しい季節だ。坂道を滑り降りると遙か向こうには瀬戸大橋がぼんやりと霞の中に浮かんでいる。香川にもこんな良いところがあるんだけど、なかなか県外の方をお連れ出来ないなあ。

 

 

« 生き甲斐。 | トップページ | カルメン。 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: あれこれ。:

« 生き甲斐。 | トップページ | カルメン。 »