« 本当の苦しみ。 | トップページ | 久々の充実した練習。 »

2005年2月18日 (金)

一時帰宅。

 手術が延期されたために一時帰宅が赦された友人は、病院の外で見ると、まるで病人とは思えない。迎えに行き、お昼が未だだった私につき合って珈琲を飲む彼女を見ていると、このところの騒動が、まるで嘘のようである。、、、勿論私が奢るつもりだったのに、強引に奢ってくれた。その代わり、今度娑婆に出てきたら盛大なパーティをしてくれと言う。そんなことは言われなくてもやるつもり。どんな無理な注文でもやって上げる、と心で思いながら礼を言う。外は雨がパラ付き始め、押さえた私達の心のように車の窓をぬらす。やがて彼女は自宅に近付くと感無量の声を出す。「やっぱり家が良いわあ。」と。見送ってくれる彼女の作り笑顔に手を振って、アクセルを踏む。雨はますます強くなる。、、、今度は娘を迎えに母の病院だ。入院が3週間にもなると書かれた書類を示して愚痴を言う母。まあ、3週間で済めば良いのだがと言いたいのをぐっと飲み込み、一応の目安だからねと慰める。さあ、一体いつまでになるのか、、、。急ぎ帰宅して夕食の準備。夕方からはFMだ。T先生とM先生のお二人を相手に2本分を収録。いつもながらこのお二人の「オペラ通」振りには驚く。M先生は今年もドイツにお出かけのようだ。勿論オペラが主目的。良い人生だなあ。T先生は相変わらずグスングスンと風邪気味の風。私も3月まで持つかどうか、、、。むしろ今頃ひいて置きたいくらいだ。
明日からもの凄いスケジュールが待っている。さて、、、。何しろ今夜も夕食は11時だ。

 

 

« 本当の苦しみ。 | トップページ | 久々の充実した練習。 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 一時帰宅。:

« 本当の苦しみ。 | トップページ | 久々の充実した練習。 »