« 時間よ止まれ! | トップページ | ようやくスタート »

2005年1月12日 (水)

時間と距離。

 今日は岡山の教室の新年会を兼ねた勉強会だった。それぞれに個性的な人達の、個性的な歌声を聞いていると、歌ってなんて楽しいんだろうと思えてくる。もう少し、あと一歩で、バリッと歌えそうなんだが、その河が越せない、飛べない、、、。聞きながらがんばれ〜と心で叫んでいる。まあ、一朝一夕には行かないだろうが、着実に良い方へと動いているのは嬉しい。そして何より、本人達が楽しんでいる。これが歌の基本だろう。「歌いたい」という気持ち。これが亡くなったらお仕舞いだ。

 はるばるフェリーで出かけお出迎えの車に乗って30分ほどの所。随分遠いなあと思いながら、そういえば、この距離よりももっと遠い所から通ってきているちぇちのメンバーがいたことに思い至り、頭が下がる思いがした。
 昔々、私が未だ若かった頃、つき合っていた彼を駅まで送っていった時、彼が「今度は僕の家に来てくれる?」と聞いてきたのに、私は「ん、でも遠いからねえ。」と答えて、しまった!と思ったが手遅れ。一瞬歪んだ彼の顔が頭にこびりついてしまった。何も言わなかったが、彼は、同じ距離を私に会うためにはるばる来てくれたんだということを返したかったに違いない。、、、あれから、40年以上経った今でも、その時のばつの悪さと共に、自分の非情な愚かしさを思い出してしまう。相手の立場に立つことが出来なかった自分を、今も許せないで居る。
そして今日だ。全く、人は経験でしか、わかり得ないと言われるが、本当かもしれない。
はるばる海を越えて練習に来てくれている人達に改めて感謝だ。

 

 

« 時間よ止まれ! | トップページ | ようやくスタート »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 時間と距離。:

« 時間よ止まれ! | トップページ | ようやくスタート »