« 後始末。 | トップページ | 時間。 »

2004年8月24日 (火)

優しい人々、、、。

 二日続きの公演をたっぷり手伝ってくれた友人に会うと彼女曰く「もう少したくさんチケットを売れば良かったと心から後悔している、、」と言う。どういうものか分からずに動いたからこんなに少しで御免ねと、言って売上代金をくれる。又ある人は「よく頑張ったね。素晴らしかったよ。」とご自分の苦労が無かったかのように迎えてくれる。親戚のおばさんは涙ぐんで「良かったよお。美加ちゃんホントに立派になったねえ。」と手放し。いとこ夫婦は仕事の手を休めて相好を崩す。、、、なんて果報者かこの子は、と改めて思う。こういう人々に支えられての今回の公演。きっと、生涯忘れ得ぬ体験となったに違いない。
本人はおばあちゃんの為に、という発想だったが、その肝心のおばあちゃんは苦い顔。公演が終わるまで相当にストレスを抱えていたらしい。母親とは別の意味で早く終わって欲しいと願ったのだろう。勿論一方では、成長に目を細め、遣り仰せたことに安心もしたようだが、、、。

 空港に着くと、満席でチケットを売りすぎたため、次の便と交換して貰える方には1万円お返しします。という張り紙が。しばらく二人で考えて、この節約モードの時だから、この話に乗ろうか、ということになる。しかし、その後状況が変わり、変更しなくても良くなった。娘との2時間という時間と1万円があっという間に消えた。拍子抜けして帰路に着くが、独りぼっちの車内が妙に広く感じられる。別れ際まで演技の事を訊いてきた娘の東京公演に思いをはせながらの運転だった。どうか、無事終わりますように、、、。

 

 

« 後始末。 | トップページ | 時間。 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 優しい人々、、、。:

« 後始末。 | トップページ | 時間。 »