« もう〜だめ、、、 | トップページ | 裏方という仕事。 »

2004年8月19日 (木)

兎に角、時は流れて日は経つものだ

 睡眠不足も何のそのと、ドリンク剤を引っかけてホテルにお迎え、制作現場に送り届ける。そうこうしている内に、一人二人と東京からスタッフのごとうちゃ〜く。F君の助っ人があってなんとかクリア。滞りなく皆様を居るべきところにお連れすることが出来た。一気にガソリンが減り、いつの間にかもうないよ〜のランプが点滅。あわわわ、と補充して、再出発。
しかし、悪いことは重なるモンで、携帯の電池が切れて、次々とかかる�рノ出られない。どっかにauショップがあったと思って探しても探しても見あたらない。いつも車の中から用事がないときに目に付くものが、こんな時に限って見あたらない。仕方ない、と覚悟を決めて車を駐車して、商店街を歩く。するとようやくあった!若い可愛い男の子が応対をしてくれて、どうもこのところの電池切れは本体の寿命が原因らしいと言われ、ええいっ!とばかり機種変更!なんでこのクソ忙しいときにと、陰の声が聞こえたが、それよりも便利を選んだというわけ。確かに今までのフラストレーションがかなり解消される。字もそこそこ大きく、何より画面が明るい。検索も結構素早い。、、、などと悦に入っていると、いきなり画面にTVという文字が躍った。えっ?これでテレビまで見られるの?と半信半疑で只今息子に見せると、大いにバカにされた。なんと、テレビのリモコンだった。しかもケーブルテレビの我が家には全くの無用の長物。、、、やっぱりね。
そのショップの男の子が「よく携帯を使われるんですか?」と聞くので「ええ、よく使いますよ」と答えた瞬間にに立て続けに4件の着信が。「ホントですね」と笑う彼があれもこれもとおまけを付けてくれたのは、お得意様と思ってくれたのか?「あれって、もしかして貰えるの?」とおまけのおまけをおねだりしたら「え?ああ、良いですけど、気持ち悪くないですか?」と良いながら取ってくれる。味方によっては確かに気味悪いかも〜と思ったが、しっかりストラップとして付けて貰う。、、、これ、おばさん根性。

 雨が降ったり照りつけたりと定まらない天気の中を汗びっしょりになってセットを制作してくれた皆さんに労いのお食事会を。総勢11名の志士達はみんなもの凄い個性の持ち主。この人達のオーラったらホントに圧巻。これって、何だろう。 娘と私はお先に失礼したが、彼らはそこから又ハシゴだったそうな。いやあ、強い!女性も含めて、タフ揃いだ。そういえば、紛れ込んだF君は大丈夫だったかなあ?住む世界が違う人達の中で、楽しめたかなあ?、、、ま、今夜は何も考えるまい。明日も早い。

 

 

« もう〜だめ、、、 | トップページ | 裏方という仕事。 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 兎に角、時は流れて日は経つものだ:

« もう〜だめ、、、 | トップページ | 裏方という仕事。 »