« 好きいな〜んだけどお〜♪ | トップページ | 久しぶりの母子水入らず。 »

2004年7月12日 (月)

違いはなあに?

 膝が痛いという母を○○クリニックと言うところへ連れて行く。評判の良い所らしかったが、ここって、病院?普通の病院と何処が違うんだろう??母は病院だったと言うんだが、、?
友人のお母さんが少々ぼけていて、施設に入っているらしいが、それに比べると元気で有り難いこと。でも、本人はそんなことちっとも思ってない。世の中の不幸を全部背負い込んだかのように、グチグチと愚痴を言う。まあ、確かに自分の足で歩けないということはストレスだろうなあ。今日久しぶりで買い物につき合ってもらったら、かなり喜んでいた。ワゴンを押して涼しい店内を散歩して、ようやく人間らしい気持ちに戻れたようだ。発散するのは必要だろう。例え老人でも。
このところ忙しさの余り、構って無くて、反省。

 今日は、FMに劇団のスターM君に出て貰ったが、舞台の上では大変なナルシストが、マイクの前ではやたらキンチョーして、「みっちゃんのオペラだ〜いすき」と言うべき所を「オペラ、バンザ〜イ!」とやってくれた。思わずミキサーも私もゲラゲラ。録り直しと相成る。
しばらく彼と向き合って話したことがなかったので、いろいろな彼の考えとか生活が分かって面白かった。やっぱり至ってまじめ。自分の肥やしになることはホントに真摯に受け止める。だからこそのあの成長だったのだ。この地方都市に居て、地に足を降ろした活動をする彼に、大いなる未来を!と願ったことだ。

 その後はちぇちの練習だ。ホフマンの舟歌はホントに良い歌だ。聴きながら作業していると眠くなってきたので、声を出す仲間に入る。彼女Mさんははこの曲で振付の構想は出来ただろうか?私の頭の中にはもう彼女たちのゆらゆらと踊る姿が浮かんでくるが、、、、。

 季節のせいか病人がでるなあ。ちぇちの公演を左右する重要人物がダウン。ゆっくり急いで治して欲しい物。確かにみんな健康が大事。その解決法は人それぞれだろうが、病気にならない、なったら治す、、、、当たり前のことだったか。

 その前のシャンソン教室では、この暑いのに熱心にお勉強。私が教えて欲しいくらいの人も、はるばる遠方から来てくれる。歌にはまるとみんなこうなるんだ。そういえばちぇちの会長が以前、言ってらしたなあ。「先生のところが遠いと思うようでは本物でない」「どんなに遠くでも、その方に教わりたいと思えば近いと感じるはず」「僕だって、京都まで通っていたことがあるし、(そう、あの現在102歳のオペラ界の重鎮中川牧三先生の事だ。)それをちっとも苦に感じたことはなかった。」、、、と。要は、受け手の気持ちの問題だろう。会長のその気持ちが、現在までに育てたのだろう。京都ねえ、、、、。今の方が高速バスもあり便利で近いはずなのよねえ。は〜っ!

 

 

« 好きいな〜んだけどお〜♪ | トップページ | 久しぶりの母子水入らず。 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 違いはなあに?:

« 好きいな〜んだけどお〜♪ | トップページ | 久しぶりの母子水入らず。 »