« うるうどし。 | トップページ | とんでもないことに、、、、! »

2004年3月 1日 (月)

やっぱり事件?

 朝もはよからお巡りさん、「お休みのところを恐縮です、、、。」と言いながら訪れる。本日休業の私はパジャマでウロウロ。たまたま家に居た主人が応対に出るも、彼はその日は出張で居なかった人。何も答えられない。慌てて上着を着てから応対に出ると、先日の新聞記者と同じことを訊かれる。その上、最近この辺で不審者を見かけなかったか?という。おやおや、これはおかしい。やっぱりあの爆発はプロパンガスの爆発なんかではなかったのか?
何も答えられない主人は何か言いたそうにしているが、遂に刑事さん達が我々の住所と名前と年齢を訊いたときは張り切って答えた。しかも私の名前の漢字を丁寧に教えて、おまけに映画監督の名前まで出して説明したのには驚いた。そんなもん刑事さんが知ってるかどうかも分かんないじゃん。案の定彼らは苦笑い。ったくう、恥ずかしいったら無いわい。余程その日に留守だったのが悔しいらしい。
 後から現場当たりを母を乗せた車で通りかかると、テレビで見慣れたあの風景、青いビニールシートで家中を覆い、黄色いテープを張り巡らしていた。気がつくと外に立っていたのは、女性のお巡りさん。へええ、こう言うところにも女性ねええ。と意味もなく感心しながら買い物に出かけた私達。冬物最終大バーゲンに行き当たり、半額の半額の半額という服を何着か買ってご機嫌で帰宅。いやいや、途中で、「天下一品」のラーメンも食べたんだった。なかなかおいしかったなあ。今日の練習にこれで安心していけるというもの。あとは主人の食事を支度して脱兎の如く飛び出す。
今夜も充実した練習だった。「名作」はやっぱり「名作」だ。歌えば歌うほど楽しくなってくる。長い歴史の試練を受けて現代に残っている物にはそれだけの力があるって事だろう。
 今くしゃみが3回でたなあ。風邪だったらやばいなあ。明後日が本番。なんとかそれまで持たさなくては。、、、、友人のYさんが風邪ひいてるらしいと、ビールを飲みながら目の前の主人に声をかける。彼はその時手帳に何やら熱心に書き込んでいたが、やがてゲラゲラゲラと、泣くほど笑い出したので、一体何事かと訊くと、その手帳を差しだしここを見ろという。ナントそこには「朗読インフルエンザ」と書き込んでいた。私が噂したYさんの風邪を頭の中で「フン、豚インフルエンザだろう」と思ったら、手の方がこうなったというのだ。それはきっとYさんの呪いだわ、と言いながら私も泣くほど笑った。ホントは「朗読ヴォランティア」と書くべきだったのだ!アハハハハ。
 そうそう、昨日の日記で、うるう年の誕生日の人の話を書いたら早速読んだ方からメールが、、、。その方のお父さんは22回目のお誕生日だったそうで、昔のことで、3/1扱いだそうだ。成る程。とっても現実的なお話しになったなあ。以外と身近にねええ、、、。

 

 

« うるうどし。 | トップページ | とんでもないことに、、、、! »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: やっぱり事件?:

« うるうどし。 | トップページ | とんでもないことに、、、、! »