« マリア・カラス | トップページ | みっちゃんはお疲れモード »

2003年11月24日 (月)

てんやわんや

 まずは夕べの続きから。映画を見たあと駐車場まで歩いていく。向こうから何だか見たような人が歩いてくる。あ、Kちゃんだ!少々立ち話のあと別れたが、ぎゃっ!私の車の前に違法駐車の赤い京都ナンバーの車が!慌てて引き返してKちゃんを呼び止め、夕食につき合って貰う。といっても、うどん。でもまあ、約1時間は時間を稼いだだろう。戻ってみるとまだその車はそのまま。困って、近くの飲み屋さんや焼鳥屋さんに、持ち主が行ってないかを訊ねるもいずれもペケ。困って思案に暮れていると、その焼鳥屋のおっちゃんが出てきて、「あんた、110番するのん気がとがめるんやろ?」という。そうですねというと、あっさりじゃ僕が電話してあげる、と言ってくれて間もなくお巡りさんがやってきた。何でもお巡りさんが認知して10分間は動かせないのだそうだ。しか〜し。ことはそれだけでは治まらなかった。日曜日故、レッカー車が動いて無いというのだ。なんてこった!ケーサツも日曜日があるんだ!その京都ナンバーの車はラッキーなことだ。少なくとも持って行かれる心配はないって事。じゃあ、私はどうなるんですか?とお巡りさんに聞くと、「このまま相手が帰るのを待つしかないですねえ」だと!じゃあ、いつまで待てばいいか分かんないじゃん!?と途方に暮れて、、、、まず娘に電話。「お母さん、今メチャクチャヒマなんだけど、、、」次ぎに大阪の友人に「ちょっと聞いてくれる?」、、、などやっていると約1時間という時間が過ぎる。すると帰ってきた!けしからん君はまだ若い二人組。T字に車をを寄せている私に向かって「ごめんね!」だって!そのまま行こうとするからナンカ言ってやろうと思うも、その狭い駐車場は車2台並ぶとドアが開かない程狭かった。結局ドアを閉めて窓を開けて文句の一つも言おうとしたら、敵は脱兎の如く行っちゃった!ぐやじ〜〜〜!地団駄踏んでいると、事の一部始終を見ていた、側のホールの撤去作業をしていた舞台の人達が同情してくれた。「ありゃあ、ないよなあ」そうだよ。お詫びのしようってものがあるでしょうに!ったく、きょうびの若いモンは!て言葉がつい出ちゃうんだよなあ。2時間だから、何千円かで済んだ駐車料金がその人は1万円以上の罰金を払わされるだろうが、それにしても余りに非常識。大大迷惑。プンプン!

 さて、本日ははるばる徳島まで「カルメン」の観賞に。徳島にはオペラ協会がいくつもあって、とても盛んなだけある。会場も良いところがあるなあ。最初から、恐らくカルメンが期待はずれではないかと思って行ったが予想通り。矢張りとっても難しいのだ、あの役は。ホセはちぇちでも飛び入りで歌ってくれたY君だったが、なかなか佳い響きを出していた。ただ、この役をやるには余りに若い。屈折していく伍長の苦しい胸の内を表現するまでには至らなかったようだ。カルメンを愛していながら殺さずには居られない心の葛藤を、歌で表現するなんざあ、至難のワザ。音符通りに歌ってもそりゃあダメ。声がよけりゃあ良いてモンでもないのが、オペラの難しいところ。しかしまあ彼の年齢にしてはきちんと歌い演技して、優等生を演じた。彼に深みと幅が出てくれば、素晴らしいテノールになるだろう。これからも注目していきたいもの。
それにしてもこのオペラほどコーラスの力が問われる作品もないと言っても良いくらいだのに、さっぱりダメ。兎に角声が前に出てないばかりか、オケにきちんと合ってない。50人は居たかと思われる人数だのに、これは一体どうしたわけ?演技指導もイマイチのような気がした。一人4000円は先日の「こうもり」と比べて、チト高いような気が、、。総合芸術オペラの大変さが又しても身にしみた。大道具から始まり、照明コーラスソリスト楽団衣装その他諸々が全部一体となって初めて完成するものだからホントに大変。大変だからやり甲斐もある。個人プレーじゃないから客観性が問われる。だからこそ自分を磨く格好の場所とも言える。
 表に出たら大雨。行きは良い良い帰りは怖い、、、迷子になった。色んな人に道を尋ねて、ようやく板野までたどり着きナンとか帰ってきた。やれやれ!!!ちぇの練習にはチト遅れたが、まあ、よそを見るのは勉強になる。本日、会長の指導がいつになく熱心で充実していたのも、その辺に理由があるような、、、。ふっふっふ。

 

 

« マリア・カラス | トップページ | みっちゃんはお疲れモード »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: てんやわんや:

« マリア・カラス | トップページ | みっちゃんはお疲れモード »