« 人生異なもの粋なもの! | トップページ | ノックダウン! »

2003年6月 2日 (月)

髪かたち。

今日はヘアーメイクの講習会だった。美容師という仕事。ある意味、果てしのない流行との格闘なのだ。ヘアースタイルは勿論のこと、薬液の流行、スタイリング剤に至っては数ヶ月毎に新製品が出る。目まぐるしく変化するのは、一件顧客のニーズに応えているかのようで、実は車のリメイクと同じで、次々と売らんかな商法なのだ。まだ使い切ってないのに次の商品を買ってしまう、というのはよくある話し。「新」という字に弱いのは、日本人の特徴だとか。そこを突いているのだ。
今日は5人のモデルを前に、講師が流行の最先端のヘアースタイルを作っていく。モデルはみんな素人だが、揃ってスマート。その講師は私好みの仕事をしてくれたが、何より、ほめ言葉が上手。彼が(若き男性なのだ)「高松の人はホントに美しいですねえ」「こんなモデルさんだと助かります」「僕のイメージのお母さんとは全然違いますねえ」などなど、、、連発である。面白いことに言われたモデルさん達は一様に段々いい顔になっていく。仕上がった時にはまるでプロのモデルかなんかのように、颯爽としている。、、、そうなんだ。我々の仕事はサービス業。お客様の気分をも良くして差し上げなくてはイケナイ。、、、でも、どうも私は正直でイケナイ。ホントに思ったことはいくらでも言えるが、いわゆる、おべんちゃらはどうも苦手。ただ、その人の持ってる良いところを発見する能力はケッコウ行けてるつもり。それを駆使してオペラやミュージカルをやってきた。一瞬の良い気分より、本質的な良いところを気付かせて上げたい。、、髪かたちが、その人の全てではない。もちろん決まらないと、その日の気分が悪いのは、私も同様だが。
外国映画を見ていると、無造作な髪で自然に振る舞う人を魅力的だと思う。内面の美しさがヘアースタイルと溶け合った時、初めて人物の美しさが極まる。これは男性でも同じ。特に最近の若い人はこの手の魅力を持った人が増えたなあ。ちぇちには居ないみたいだけど、、、。フッフッフ。

 

 

« 人生異なもの粋なもの! | トップページ | ノックダウン! »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 髪かたち。:

« 人生異なもの粋なもの! | トップページ | ノックダウン! »