« やっぱり来なかった。 | トップページ | 髪かたち。 »

2003年6月 1日 (日)

人生異なもの粋なもの!

本日は目一杯活動した。午後から車を飛ばして、志度へ志度ホールへ、ひたすら綾野真由美さんのピアノが聴きたくて一目さん。ホールに入るやいなや、岡田寛さんの手厚い(?)出迎えを受ける。単にチケットの精算につき合って下さっただけだが。そのうち表から颯爽と現れた岡山のM氏。やっぱりお見えになったか。シェイクスピアの口座に来ているKさんや、弁護士ご夫妻にもお会いする。指定席に座らせて貰えてラッキーだったが、まあ、あのホールでは何処にいても変わらなかったかも。良いホールなのだ。休憩になって突然近寄ってこられた婦人は、以前娘がこの方の息子さんと同じ吹奏楽部で、お世話になった方。今はその息子さんに二人も子供さんがいて、時の流れを感じる。「お互いこれからは好きなことして過ごしましょうね。」というのが最後の言葉。久しぶりで会う人達とは、これが合い言葉となった感がある。綾野さんのピアノは素晴らしかった。何より自然体で、気負いがない。そう見えるところが凄いと思う。なんかその辺のガキ大将集めて一緒に音楽しましょ!ってやってる感じ、といえば言い過ぎか。ハハハ。しっかりデリケートな部分は気を遣って巧みなタイミングで弾くんだけど、決して重くなく、豊かであった。チェコフィルのメンバー達もなかなか愛嬌があって、楽しい演奏を聴かせてくれた。第一バイオリンのひとの厳めしさは別として、、フ。
さあ、終わってからが大変。急遽「私も行く」と言ってくれた付き合いの良いM氏を、私の車に拉致して、11号線に入ったは良いが車が、全然進まない。これが次なる目的地、こけ枝師匠の演劇を見るのでなければ、ウイットに富んだM氏とゆっくり他愛もないおしゃべりに花を咲かせるのは大歓迎なんだけど、どうもこのまま行くと間に合いそうもない時間。ちょっぴりあせったが、新しい道路に迂回してからは、まいっか、の心境に。なんとか開演してすぐの時間に間に合うも、立ちっぱなしの2時間ちょっとはきつかった。満員御礼ののし袋に5円が入ってるのは粋な計らい?お芝居も面白かった。M氏がお隣でかんらかんらとお笑いになるので、私も釣られて大笑いしているのに気付くが、まいっか。と居直る。立ってる分、他人より大声で笑わせて貰ったってわけだ。
こけ枝さんの「芝居なんかこの世に無くても良いモンだ。だけど、、、」という下りはわがことのように身にしみた。音楽だってそう。無くても人間生きていける。しかし、不必要に見えるモノの中にこそ、人間にとって必要なモノがあることをこの台詞が再認識させてくれた。
今日はなっちゃんも来ていたのに、一言も話すヒマがなかったのは残念。ホントに遠い所からこうして律儀に来てくれる。こけ枝さんから、くれぐれも皆様に御礼を!とのこと。こけ枝さんの最後の台詞がうるうるしてたのは、そう思ったのは私だけかしら?
いやあ、今日は2月のガラコンの感動を再びと、綾野さんのピアノに出かけて、その収穫だけでなく、色んな方々とお目にかかれたし、M氏とのつかの間のドライブは粋な出来事。こけ枝師匠の名演技と共に、我が人生に思いをはせたのは異なもの。帰りに母と友人の三人で新しく出来た居酒屋での夕食は、なかなか味なものであった。
さあ、これからぽかぽか温泉で、1週間の疲れを癒すとしようか。

 

 

« やっぱり来なかった。 | トップページ | 髪かたち。 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 人生異なもの粋なもの!:

« やっぱり来なかった。 | トップページ | 髪かたち。 »