« この汗は良い。 | トップページ | 機関銃の如く、、、。 »

2003年6月 7日 (土)

変なモノを、又二つも買っちゃった!

 何かと言うに、一つは、ラケット。といってもそんじょそこらのラケットとは違う。蚊、や蠅のような虫たちをおびき寄せ、やっつけてくれる、、、はずのもの。ぶ〜んといつまでたっても身の回りから消えてくれない蚊の羽音に悩まされることなく、今年の夏は快適に過ごせる、、、はず。もう一つは、お風呂タイムに、ちょっとゆっくりつろぎたいという時用の、お風呂用枕。これから使うんだけど、はてさて、もくろみ通りとなりますか?!どちらもインターネットのオークションで新品なのにすごい安値で、落ちちゃったもの。ラケットは未だ来ないけど、枕は即本日お試しなのだ。、、、しかしこりゃあいけない。まんまと敵の術策にはまってしまったかも。しばらく「変なモノ」買うのはお休みしよう。その辺のホームセンターなんかで、がっくりするほど安く出るかもしれない。「変なモノ」でも「良いもの」ならいいけど。
 本日は、県民ホールでの「オペラこうもりのプレセミナー」なるものに参加した。どっかの偉い先生が来て、あれこれお話しして下さり、「こうもり」が楽しめるように、というモノであった。が、正直、資料だけ貰って帰っても良かったかも知れない、、、と思う。おまけに、昨今の演出について観客からの質問に、オーソドックスな手法こそが、オペラフアンを逃がさない方策である。というご意見を述べて居られたのは、私的には、納得がいかなかった。そもそもオペラが生まれて隆盛を誇った時代と今とでは、観客も、時代の変化と共に楽しみ方が変わってきているのではないか?その時代の人に受け入れられたものが、そのまま現代に通用すると、かたくなに固執するのは、いかがなモノか?文化文明は絶えず変化していくもの。何も、古いモノを否定しているわけではないが、現代にも息づかせるために、様々な試行錯誤があり、工夫が生まれるのは、当然のことではないのか?勿論奇をてらったモノは頂けないが、そこに説得力があれば、それはそれで認めるべきではないのか?日本の伝統芸能「歌舞伎」にも、様々な工夫が見られるように、、、、。オペラを一部の特権階級の人達の楽しみとした時代はとうに過ぎ、今は、誰もが楽しめる時代なんだ。もっと生き生きしたオペラが上演されても良いのではないか?、、、というのが私の考え。まあ、質疑応答の形ではなかったから、本日の講師がどの程度どんなお考えかを、きっちりお聞きしたわけではないので、言葉尻をとらまえただけかも知れないが、、、。
 久しぶりに時間のあったなっちゃんを誘い、Mariさんと、Kさんの4人で、歴史資料博物館でお茶をした。話題はもっぱら家族のこと、特に他人の夫婦間のことは面白いものだ。げらげら笑い通しに笑って、本日の講義の話しは全然出なかったなあ。フフ。こうしたゆったりした時間もなかなか良いモンだった。Kさんもタイムステップのお芝居に行ってくれるとのこと。ちぇちのみんなも、是非A君の演技を見て欲しいなあ。彼、頑張ってるし、面白いキャラだから。
 今夜は驚かされた。メンバーから二組目のカップルが出た。前から噂はあったが、やっぱりホントだったんだあ!「先週結婚しました」だって。びっくらぎょうてん。どうりでこのところ音沙汰がないと思ってたんだ。まあ、何はともあれ、めでたいめでたい!

 

 

« この汗は良い。 | トップページ | 機関銃の如く、、、。 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 変なモノを、又二つも買っちゃった!:

« この汗は良い。 | トップページ | 機関銃の如く、、、。 »