« お芝居の練習。その3。 | トップページ | お芝居の練習その5. »

2003年5月 6日 (火)

お芝居の練習。その4。

 大分波に乗ってきたなあ。今日で一通り全員のおさらいが終了。明日から、個人チェ〜ックなんだが、さあ、どうなることやら。ピエロ役はなかなか大変。いや、ピエロだけじゃない。他の役の人も結局自分から離れられない。我が娘は言ったものだ。「お母さん。お芝居する人はねえ、心のパンツを脱がなきゃ出来ないのよ」、、、。確かあれは岡本かのこが言ったという「日本橋の上で、真っ裸になって寝っ転がることが出来なきゃぁ、小説なんざ書けないわよ」に通じるかも知れない。いやあ、言うは易く行うは難しですわ。イヤマッタク。

 でも、なんであたしゃこんなことしてんのかなあ???いくら友人から頼まれたとはいえ、その友人にはちぇちのチケットで恩義があるとはいえ、、、。この労働たるや、凄いものがある。しかも、結果がどうなるか、こちらも怖いものがある。な〜んてことはおくびにも出さず、絶対出来ると信じて貰うしかない。まあ、少しは灯りが見えてきてるが、今のところ、こけ枝さんがあの頭をちょこっと出してきただけで、消されてしまう程度の灯り。いと、こころもとなし。刻々と時間は過ぎていく。ということは、いつものちぇちと変わらないか!はらほれは!

 

 

« お芝居の練習。その3。 | トップページ | お芝居の練習その5. »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: お芝居の練習。その4。:

« お芝居の練習。その3。 | トップページ | お芝居の練習その5. »