2018年12月 9日 (日)

本格的な疲労感は、多分明日だ。

今日は香川県出身の声楽家のコンサートに行って来た。皆さん錚錚たる顔ぶれで林康子さんを筆頭にキャリアのある人ばかり。長年お付きあいのある小濱さんも出ているし、若手の全く知らない人も居て、期待以上に楽しめた。
一瞬ガクッと首が折れたが、、、。

年齢。これは容赦なく声を奪っていく。というのも、本日の感想だった。お若い頃を知っているだけに残念感は拭いきれない。が、そこは矢張り故郷の人々だ。全ての人に割れんばかりの拍手。
そして、若い人で力のある人も確実に生まれているというのも、それはそれでこれからに大いに期待が持てる。

正直、チケットは買ったものの、果たして行けるかどうか、と疑心暗鬼になっていたが、朝消化剤を引っかけて、二日酔いのモヤモヤを押しこんで出かけてみた。
丁度、今日までという日本画の展覧会もあり、まずは絵画の鑑賞から。あまりゆっくりもしていられず、お目当てのものを見てからすぐに飛び出す。
会場に着いてみると、昨日の我々のに来てくれた人もちらほら。目が合って、ご挨拶となり、色んな感想が聞ける。驚いたのは、終演後楽屋口に行こうとしたら、FBを見て素晴らしかったと知りましたよ~と駆けよってきて下さるピアニストが!なるほど。FBはこういう効用もあるんだ。
急に寒くなってきて、これから早めのお風呂にしようとしているが、風邪ひかなきゃ良いんだけど~。

2018年12月 7日 (金)

バタバタの通し。

確か今日はリハだよね?という参加者の不揃い。まあ、それぞれ仕事がらみで、仕方がない。こういう団体にはよくある話しだ。そもそも演出家が遅れてくるから、話しが前に進まない。なが~くお付きあいがある舞台関係の人々だから、なんとかかんとか遣ってもらえたが、イヤハヤイヤハヤ。

今日は考えてみると初めての通し。今日になって全体像が見えたという人が殆どかも知れない。これで乗り切るというのも、ちぇちの異名を確かなものにしただけかも。

それでも、出演者の主要メンバーがそれぞれ集まっての通し稽古はそれなりの緊張と、集中で充実したものとなった。
結論。ま、なんとかなるでしょう!!

明日も練習だが、体調管理も大変だ。動けば暑い。止まれば寒い。ハードなスケジュールの為、食事も不規則だ。バナナ一本かじって飛び出したが、帰宅は10時半を過ぎていて、帰宅早々あれこれ遣っていたら、全く食べる時間が無い。かろうじて行く前に作っていたポークのワイン煮をつまみに焼酎の湯割を2杯。明日の朝までこれで辛抱だ。

面白かったのは、昔の映像をある人は珍しそうに。又ある人は懐かしそうに眺めていることだった。特に楽団の人達にとっては面白いものだったのだろう。お客様もこれを楽しんでくれれば良いのだが。。。。

そういえば、新聞を見たという人から次々と電話が入る。頑張らなくては。

さ、寝ましょ。

2018年12月 5日 (水)

酉年。そのまんま。

昔から、「あんたは酉年だから、年中バタバタしてるわねえ。」とよく言われたものだ。全くその通りで、年取ってからもその評価は自他共に認めているわけだ。

考えてみると、その殆どの原因が、「ノーと言わない」事から来る。

勿論、その裏には好奇心が強い自分の性格もある。
てなことで、昨夜は徳島まで、お嬢のたっての誘いに乗って、本番前だというのに「朗読劇」なるものを見て来た。
「やなせたかしの絵本を劇仕立てに演じる」というものだったが、こういうことも出来るんだという驚きと感動があった。
二人の男女とそれを取り巻く怪しげな歌とヴァイオリン。人形遣いも出て効果的な演出。それぞれの分野で有名な人達らしいが、こっちは何もかもが初めてで、、、、。面白い。絵本の世界をこんな風に演じさせる演出家というのは、相当な力がある人だ。
だいたい見てるだけでも美しい若者達が繰り広げる摩訶不思議な時間は、客席を自然と黙らせる。
驚いたことに、自分の目の前に徳島で長く県議をやっている従兄弟が現れたことだ。どうやら義理で購入して、妻が行けず、知人を連れてきたらしい。しかし、行くみちすがら娘と、「もし今日見て面白いようなら、あのおじちゃんに連絡してみるわ。」と話しながら行ったら、その当人がやって来たと言うわけだ。あまりの偶然にしばしわいわい。
その主宰者M女史は娘の演劇仲間で、その世界で一番の仲良しだったらしい。Mさんが、舞台から、「私の親友が髙松から駆けつけてくれました。二人で泣きながらお芝居の練習をしてました。」と紹介していたが、あとで娘が言うのに、「本当に厳しい練習だった。若かったんだと思う。」としみじみ語っていた。
ま、そういう世界だ。

行きはこちらが全部運転。帰りは半分。しかし疲れた!
今日は朝寝をして、夕方の打ち合わせに備える。

その打ち合わせは、こっちが場所を間違えて、近くて違うところに行った為に、T氏に会うことなく終わる。代わりにM演出家とP団長が待ってくれていて、ま、思いがけない三者会談となったのも良かった。
というか、こちらが年取って、いかに呆けボケしているかを解って貰いたい為の時間だったかもしれない。とにかく、全ての名前が一字しか当たらない。「髙松駅前に出来たホテルの一階に、ほらほら何とかいう店ね。トが付く店」てえのは、「プロント」だったし。「ほらほら、Sが付く100円ショップね」てえのも、「ああ、セリアですね。確かにSがつくわ。」と一笑に付される。他にも色々あって、まあ、二人とも理解してくれただろう。と思う。
イヤハヤイヤハヤ。

イヤハヤイヤハヤ。。。。

2018年12月 3日 (月)

練習。訓練。修練。どれも楽しい。

今、パソコン前に座ると雨が降っている。どうも暖かいと思ったんだ。

なんだか定まらない気候が続くが、ちぇちの公演も行きつ戻りつ、、、、まだこの期に及んでも定まらない。

一体どうなることやら。
もういくらなんでも、自分がやるべき事のみに専念したいところだ。外野のことばかり遣っているが、実際は舞台にも乗るし、考えねばならないことも多々あるわけだ。
と言いつつ、本日はちぇちの練習後に短歌の歌会に顔を出す。
大幅に遅れての参加だったが、楽しくお仲間に入れてもらう。
文学全般に言えることだが、言葉の概念がそもそも人それぞれ違っている。そこから来る歌の読み方が、それこそ推理小説でも読むがごとくに複雑になる。詠み手の意図することがそのまま伝わらないケースが多い。伝わったようでも、実際は少しずれているという感想を持つ人も多いのではないか?
これについてはいみじくも、ある人が「どちらでも良いと想って詠みました。」と言われたのが印象的だった。確かに、小説でも作者の手から離れたら、今度は読み手のものになってしまう。だから面白いとも言えるが、時にはアッチムイテホイ、的な解釈も起こりうる。
そのジレンマがあるけれど、非常に経験の豊富な人の解釈は、やはり 当を得ていて納得出来るから面白い。ここでも、「経験」がものをいうのだろう。
なんだってそう。経験に勝る教師は居ないのかも知れない。
だからこそ、練習が大事。

明日はシャンソン教室だなあ。

2018年12月 1日 (土)

一応無罪。

癌検診は尿検査を残すのみとなり、一応白となった。しかし、驚いたのは、自分が自分を騙していたことだった!そもそも精密検査をしましょうとなった時点で、ちっとも驚かなかった筈。最悪に備えて、万全の気持ちの準備は出来ていたはず。それなのに、医師の「大丈夫でしょう」の一言で、どど~っと疲れが出た。。。。これは一体何?
要は自分で自分を騙していたわけだ。毎日の多忙の中で、ちらちらとかすめる不安と、知らず知らずに闘って居たわけだ。これには全く驚いた。

覚悟なんて容易くできるもんじゃないって事を思い知った。ま、これも経験だ。

病院へ行くと帰るで景色も違って見えるから不思議だ。

で、突然のように日常が戻り、早速印刷屋さんに行き、帰宅してからお歌の練習や母の訪問や、夕餉の支度だ。
日常の平和がこれほど有り難い事だと分かる。
すると、俄然他人に親切にしたくなるのもおかしい

車を自宅前の駐車場にバックで入れると、目の前にとぼとぼと歩いて行く高齢の女性が見える。角でどっちへ行こうかと迷ってる風でもあり、エンジンを止めてしばらく見ていたが、どうも気になる。丁度衣装部屋へと返す物もあったので、その女性を追いかける形でゆっくり後ろから付いていく。この辺の住人なのか?にしてはあまりにトボトボした歩きで、多分駅から歩いてきたのか?追い抜いても知らないお顔。で、衣装部屋に荷物を下ろして又引き返すと、まだその女性はますますのろのろと歩いている。遂に、声を掛けようと決心して、車をターン。窓を開けて、その人の横に車を停めようとして、あっと気が付いた。ナント、携帯電話で誰かと話している!おお、携帯電話が使える人だったんだ!それなら大丈夫。車窓から会話の一端も聞こえる。「もうすぐつくから、、、」ああ、良かった。
とりあえず、人に優しくなった一日ではあった。ち~ん。

2018年11月28日 (水)

11月が終わる。

今さら驚くことは無いのだが、11月があと二日しかない。しかし、今日の練習ぶりを見ていると、それが信じられないのだった。
いつもの事、と言ってしまえばそれまでだが、、、、それに、オペラと言えば妙に力強いあの人もこの人も参加しての練習で、充実はしているのだが、、、。拭いきれない不安感があるのは、年取ったせいか。

とある新聞社が取材に来てくれて、事務局長が不在故に仕方なくあれこれ喋ったが、こういう対応も苦手になって来た。言いたいことがいっぱいあるのにさっぱりまとまらない。結局若い記者さんのセンスに頼るほか無い。どうなりますことやら。

ダメダメ。ネガティヴになるのは止めよう。いつものように「なんとかなるさ~」でいかなくては!

しかし、結局みんな良い顔してる。このドタン場の顔って、適度な緊張もありいので楽しいものなんだ。
この時間、お仕事で参加出来無い人が一人二人三人。。。みんなそれぞれの場所で頑張っているんだ。
中でも事務局長は凄い。夕べ遅く仕事から帰宅したらしいのに、そこからパンフレットのあれこれをやっつけてくれたらしい。お陰で、チョーチョー多忙な印刷屋さんが、何とかそれを形にしてくれることを引き受けてくれた。縁の下の力持ちとは彼女の事を言う。
それぞれ、自分の立ち位置で精一杯頑張っている。
だから、何とかなるだろう~。


明日は、FM収録。こっちもガンバロウ!

2018年11月27日 (火)

甦る感動。

この忙しさにある意味救われても居る。金曜日に精密検査と相成った癌検診。それまですることが無ければ落ち込むしかない。幸い、メチャラクチャラに忙しい。
今日も、H先生宅に出かけて、本番用の映像の確認や添削をやっつけた。こういうことをやって下さる存在があればこその公演だ。技術屋と化したO氏共々延々と作業して、何とか終わり帰路に付いた頃には黄昏れていた。

ガソリンが無くなりそうだったので、近くのイオンで給油。ついでにお総菜を購入。とにかく疲れ過ぎていて、料理をする気も起こらない。往復するだけでも疲れている。
で、とにかく夕飯を済ませてしばし仮眠。
やおら起きだして、やるべき事を思い出し、古いパンフレットの発掘だ。記憶とはいい加減なもので、歴代の指揮者のお名前を列挙しようとして行き詰まる。そのための発掘だったが、そういうの見てると色々出てくる。切りの良いところで止めて、、、、今日は早く寝たいと思って居る。
昨年の公演に出演してくれたM氏からちぇちの記念公演に著書を送ってくれた。お勉強してくれということだが、何とか興味のある人に繋いで行きたいものだ。
彼はこうして着々と業績を上げているようだが素晴らしいことだ。ホントに若いということはそれだけで素晴らしい。
それが、若いときにはそれ程と思えないのが人間というものだが。。。。

夕べ、そういえば偶然つけたテレビで「幸福の黄色いハンカチ」という映画の最後10分ほどを観た。例によって自分の記憶が如何にぼやけているかを確認する事になったのだが、このクライマックスのラストシーンは、高倉健が一人で黄色いハンカチの揺れているのを見ると思ったら、武田鉄矢、桃井かおりの二人も一緒に見つけるんだった。そして、この二人の感動がこの映画の大切な要因だったのだ。
にしても、自分の中の感動はそれは眼中になく、高倉健がその揺れるハンカチに向かって歩いて行くというそのシーンのみが記憶に残って居たわけだ。
そして、たった10分で泣けたこの映画の凄さに、改めて山田洋次監督の凄さにも思い至った。こんなにも人を感動させることが出来るなんて、、、、!
心を動かす。
それこそが芸術だ。

2018年11月20日 (火)

ちょいとややこしいことになってきた。

かねてから行けずにいた癌検診。今日行ってみたが、なんと予想外の場所の癌検診を勧められる羽目に。近頃お医者様は大忙しで、なが~い待ち時間のあと、明後日の予約しか取れないと言われ落ち込む。とっとと、結果が出て欲しいわけだ。

さあ、どうなることか。

覚悟が全てだ。

そして待ち時間の間中、ラインだメールだと大忙し。病院というのは、ある意味他にすることがないから、その手の連絡事項をやっつけるには都合が良い。結構な量の仕事をして、家に居るより捗ったかも。

しかし、面白いのは、「既読」システムのメールでも、なが~く読まない人がいて、いつまでも読まれないわけで、こういう人への連絡は矢張り電話が一番。こういうのは、好きな人と嫌いな人がハッキリ分かれる。確かに病院などは音を消しているし、仕事中もそうしている人が多いだろう。便利がドンドン生活を侵食していくのだが、それに抵抗して暮らして居る人もケッコウ居る。単純に「苦手」という人から、「けしからん」という考えの人まで、かなりの幅があるようだ。

しかし、便利は便利。

今日は結局母を見舞えなかったが、娘が代わりに行ってくれて色々情報を得たらしい。それなりに場慣れしてきているらしい母の様子をそれこそラインで連絡してくる。

ま、便利だ。

本日は練習。いや、本日も。

いつの間にかもう本番まで二週間ほどになってしまった。

当然練習も活気づいてくるし、これまで顔を見なかったメンバーも次々と出てくる。
しかし、一方で、裏の仕事が山積み状態。これに不安を覚えているのはアチクシだけ?

いつも公演前に、道行く人々を眺めては思う事。
「あの人たちは良いなあ~。何の不安も無いような、、、、。自分たちは何が悲しくてこんなことやってるんだろう?何も無ければ、こんなドキドキも無い平穏な生活が送れるのに~。etc」
しかし、決めたものは間違いなくやってくる。

そして、間違いなくいつか終わるのだ。
まるで、生まれたら必ず死に行く人間のように、、、、。


朝のシャンソン教室は、その点気が楽。とにかく楽しみたいが本音のメンバーばかり。終始笑いがこぼれて、言いたい放題。
いろんな音楽の楽しみ方があるってことだ。

2018年11月18日 (日)

深まる秋。磨かれる日々。

不思議と生きている。余りに忙しくて、息をする間もないくらい、とはちと大げさだが、とにかく信じられない程の時間割。昨夜一泊の松山から帰宅して、今朝起きてからのめまぐるしさには本当に参った。午後のちぇち練もそこそこに、急ぎ帰宅してから母の所に届ける物を持ち込み、そこからかねてより約束の友人をひらって今度は志度まで。地元のテノール歌手のコンサートに行ってきた。

まだ若く、今後に期待が出来そうなイケメン歌手。、、、しかし、歌ってホントに難しいよねえ。客に向かって歌う事自体が、自ずと緊張を強いられるし、それを悟られまいとすると、妙な動きが出てくる。自分では予想できないこうしたことが、本来の力を発揮させない。
なので、時間が経つにつれて良くなるというのも自然の流れ。
これから何度も何度もこうした経験を積んで、立派な歌い手になっていくんだろうなあ。未来があると言うことは素晴らしいこと。そして、力強い応援団を持っていることもラッキーなこと。又いつか聴かせて貰う日が来るんだろうが、その日が楽しみだ。
で、松山は何故かというに、とある芸術家の作品に触れる旅であった。日本人でありながら長くフィンランドに住み、あのマリメッコのテキスタイルデザイナーとして名を馳せた石本藤雄氏の作品展が松山市の何カ所かで展示されていたのだ。町を挙げての取り組みで、至る所にチラシなど置かれている。実際に作品に触れて、そのほとばしる感性に段々染まり行く自分を感じる。布、陶板、粘土、紙、さまざまな素材を自在に駆使して、懐かしく美しいものにと創り上げている。その作品とコラボしているという、道後のあるホテルにも行き、丁寧な説明を受ける。余りに素晴らしい室内にため息が出るばかり。いつの日かここに泊まれたら良いなあ~と夢想してみたり。。。
勿論、そんな情報を知っていたのはお嬢である。兼ねてからインテリアに興味を持ち、特に現代アート的な物に特別な関心がある。で、まあ、牛に引かれて善光寺参りよろしく、事前の説明にも、「ふ~ん、は~ん、へ~~~」という程度であったアチクシ。いつのまにかすっかり作品に魅せられていた。特に県の美術館に展示されていた、山頭火の俳句とのコラボはジャンルを越えた魅力で、響き合っていた。
そして、美術鑑賞と共に楽しんだのは、「食文化」である。
矢張り髙松よりは都会なのか?と思う程の店が沢山目に付く。その中で、一カ所はフレンチ。生演奏のピアノ、ヴァイオリンが数曲ずつ演奏されている。とにかく料理が美味しい。余りお高くないのも嬉しいが、ステーキの柔らかさ、ダイナミックなお野菜のソテー。手のこんだジェルやスープの美味しさ。これは完全にリピートあり。
でもって、最後にもう一軒。こちらはもつ鍋。これ又美味しくて、満席のため、一時間しか貰えなかったが、充分堪能した。
帰路、お嬢がしみじみ言う。「今回は全部充実してたねえ~。」
まあ、親子での旅は14年前のパリ以来だから、ホントに久し振りだ。普段話せないようなことも時間を掛けて話すことが出来る。
しかし、必ずしも意見が合致するばかりでもない。例えばチェックアウトは11時なのに、9時には出ようと言う。計画通りに行動しないと、見るべきものが見られないという。こっちは、せっかくの素敵な部屋を満喫したいところだったが、A型には敵わない。結局は一日中フル回転というわけだ。
行きは全部こちらが運転。帰りも半分は運転したが、ホテルで睡眠不足となり、帰路は流石に用心した。
出かける前からバタバタしててのこの旅は、ほとほと疲れた。つくずく年齢を感じている。
ま、芸術の秋たけなわ、ってことだ。

«秋晴れの日。かる~く転倒。