2018年11月18日 (日)

深まる秋。磨かれる日々。

不思議と生きている。余りに忙しくて、息をする間もないくらい、とはちと大げさだが、とにかく信じられない程の時間割。昨夜一泊の松山から帰宅して、今朝起きてからのめまぐるしさには本当に参った。午後のちぇち練もそこそこに、急ぎ帰宅してから母の所に届ける物を持ち込み、そこからかねてより約束の友人をひらって今度は志度まで。地元のテノール歌手のコンサートに行ってきた。

まだ若く、今後に期待が出来そうなイケメン歌手。、、、しかし、歌ってホントに難しいよねえ。客に向かって歌う事自体が、自ずと緊張を強いられるし、それを悟られまいとすると、妙な動きが出てくる。自分では予想できないこうしたことが、本来の力を発揮させない。
なので、時間が経つにつれて良くなるというのも自然の流れ。
これから何度も何度もこうした経験を積んで、立派な歌い手になっていくんだろうなあ。未来があると言うことは素晴らしいこと。そして、力強い応援団を持っていることもラッキーなこと。又いつか聴かせて貰う日が来るんだろうが、その日が楽しみだ。
で、松山は何故かというに、とある芸術家の作品に触れる旅であった。日本人でありながら長くフィンランドに住み、あのマリメッコのテキスタイルデザイナーとして名を馳せた石本藤雄氏の作品展が松山市の何カ所かで展示されていたのだ。町を挙げての取り組みで、至る所にチラシなど置かれている。実際に作品に触れて、そのほとばしる感性に段々染まり行く自分を感じる。布、陶板、粘土、紙、さまざまな素材を自在に駆使して、懐かしく美しいものにと創り上げている。その作品とコラボしているという、道後のあるホテルにも行き、丁寧な説明を受ける。余りに素晴らしい室内にため息が出るばかり。いつの日かここに泊まれたら良いなあ~と夢想してみたり。。。
勿論、そんな情報を知っていたのはお嬢である。兼ねてからインテリアに興味を持ち、特に現代アート的な物に特別な関心がある。で、まあ、牛に引かれて善光寺参りよろしく、事前の説明にも、「ふ~ん、は~ん、へ~~~」という程度であったアチクシ。いつのまにかすっかり作品に魅せられていた。特に県の美術館に展示されていた、山頭火の俳句とのコラボはジャンルを越えた魅力で、響き合っていた。
そして、美術鑑賞と共に楽しんだのは、「食文化」である。
矢張り髙松よりは都会なのか?と思う程の店が沢山目に付く。その中で、一カ所はフレンチ。生演奏のピアノ、ヴァイオリンが数曲ずつ演奏されている。とにかく料理が美味しい。余りお高くないのも嬉しいが、ステーキの柔らかさ、ダイナミックなお野菜のソテー。手のこんだジェルやスープの美味しさ。これは完全にリピートあり。
でもって、最後にもう一軒。こちらはもつ鍋。これ又美味しくて、満席のため、一時間しか貰えなかったが、充分堪能した。
帰路、お嬢がしみじみ言う。「今回は全部充実してたねえ~。」
まあ、親子での旅は14年前のパリ以来だから、ホントに久し振りだ。普段話せないようなことも時間を掛けて話すことが出来る。
しかし、必ずしも意見が合致するばかりでもない。例えばチェックアウトは11時なのに、9時には出ようと言う。計画通りに行動しないと、見るべきものが見られないという。こっちは、せっかくの素敵な部屋を満喫したいところだったが、A型には敵わない。結局は一日中フル回転というわけだ。
行きは全部こちらが運転。帰りも半分は運転したが、ホテルで睡眠不足となり、帰路は流石に用心した。
出かける前からバタバタしててのこの旅は、ほとほと疲れた。つくずく年齢を感じている。
ま、芸術の秋たけなわ、ってことだ。

2018年11月14日 (水)

秋晴れの日。かる~く転倒。

昨日の癌検診は異常なし。偶然僅差の時間差でS嬢と一緒になる。お互い異常が無くて何より。とにかく今非常に多い病気で、「先生、私もしかして癌じゃあ~~~?」なんて言おうもんなら、「まあ、それはないでしょう」と一笑に付されていた時代がそう遠くない前の事だ。なにゆえ?

大分前に、「複合汚染」という本が出て話題になったが、今思えば、癌を筆頭に近年の怪しげな病気の数々、アレルギーなんかもそうだが、全て原因はその辺にあるのか?

となれば、元を正せば人間のせい?
なんと罪深いことか!
昨日のニュースで、ようやく日本企業もプラスチックを多用しない方向であれこれ模索が始まったようだ。その話題の時夫が言う。なんでも、大学で昼食の時、珈琲にお砂糖を入れ、その袋をプラスチックのスプーン代わりに使ったそうだ。周辺の先生方もなる程と納得されたようだ。ほんの小さなことから出発もありだろう。

しかし昨日は参った。
実を言うとここ1ヶ月前からダイエットをしていて、7キロ減量に成功。今週いっぱいでこのやり方は終わりだったのに、この最後の日に夫が一杯お総菜を買ってきた。こっちは、自分は食べないつもりで料理を二品作っていた。。。。ここが、主婦感覚。「これって、もったいないよね?」と言うと夫が、吾が意を得たりとばかり、食べろ食べろとうるさい。そもそも初めから賛成でなかったお方。別に今さら、とか、痩せたお母さんなんか、とか、成功するはずがない、とかとかとか。。。とにかく妨害にこれ勤めていたお方だ。最後と言う気のゆるみもあって、遂に禁を破って食べてしまった。ま、いっか。目標には少し足りてないが、効果はあったし~~とあくまで自分に甘いおみっちゃんではある。
痩せたお陰で、矢張り身が軽くなった感はある。家事をするのも出かけるのも多少違うか。まあ、7キロのお米をいつも持っていたようなものだから、確かにその分身軽ではある。しかし、内科のお医者さんに報告しても、「ああ、そうですか。それは良かったですね。もっと頑張って下さい。」としか言われない。てえことは、まだやれってことか。ま、その内。気が向いたら。。。。


しかし、先ほどすってんころりんと我が家で転倒。幸い大した怪我はしてないが、今日予約している肩専門医に診て貰う部分が又打撲だなあ~。全く碌な事はない。

2018年11月12日 (月)

一難去って、、、、。

昨夜の疲れを引き摺ったまま本日は朝から母に届け物、午後はH先生のコンサート、帰宅してから夕餉の支度で疲れ切った。せごドンを見たいと思いながら、途切れ途切れに映像がカルタのように入ってくるのみ。結局ほぼ見ないまま終わり、頑張って起きてキッチン周りを片付けたら再び疲労感が。しかし、次から次へとラインだメッセンジャーだメールだと入って来て、パソコンの部屋でその返事をしている内に何やら臭い!わっ!ブロッコリーが~~~完全に炭。


只今、家中がその臭いに包まれている。明日には消えるのかしら?ショック状態。もうあの鍋はお釈迦だねえ。

そのラインの中には深刻なものも。癌で、放射線治療するから医療用ウイッグが欲しいと言うもの。ムムム。その若さで。。。。。勿論、出来ることは全部やるけど、そんなのは大した事じゃない。これからの本人の苦痛や、家族の大変さを思うと言葉がない。返信も軽々しくは出来ない。
そして、明日は自分自身の乳がん検診だ。

でもって、三たび横になって何やら韓国ドラマを観るともなく見る。。。。とてもじゃないが、事務的な事は今日はもう出来ない。物理的に無理というのと、精神的にも参った。

今日のコンサートはオールドイツ語で、まずは言葉が分からない事から来る睡魔との闘いから始まった。くしくもお隣のT先生ご夫妻のお相手を頼まれていて、その奥様が、「まあ、こんな前じゃ、居眠りも出来ないじゃない?」と言って下さって吾が意を得たり。笑いながらも覚悟したものだ。
何度か、無意識にうとっとしたが、曲がケッコウ面白くて救われた。H先生はしきりに70歳になりまして、、、と仰るが、私より年下ですわん。ま、頑張らないといけない世代だ。
その点、先頭を走っていらっしゃるお方ではある。H先生が居なければ、Cantiamoだって続かないだろう。有り難いこと。


明日も朝から何かと忙しい。寝た方が良いだろう。

2018年11月10日 (土)

同窓会、終わる。

疲れた。

これまでの準備の全てが疲れとなって押し寄せてきた。二次会で飲み放題だったが、幾ら飲んでもさっぱり酔えない。疲れ過ぎているのだ。といってもこれ以上飲むと悪酔いするかも知れないというところまで飲んで、適当なところで切り上げた。帰宅してからもワインを飲んでいる。何とか早く寝たいからだが、、、。

今日は県外組が多かった。愛媛、岡山、三重、千葉、埼玉、東京、北海道。などから来てくれて大歓迎。
しかし、奇妙な事に、4年前と違って以前の顔が想像できなくなっている。こちらの認識力の衰えか、あちらの変貌の故か、二次会でもネームが欲しかったねえ~となる。
顔が分からなくても、同窓生だというだけで不思議な親密感が。。。。

とにかく、疲れ過ぎ・・・・・寝よ。

2018年11月 7日 (水)

秋晴れの日々。満喫出来ない事情。

あれよあれよという間にもう一年が終わる。師走にはまだ早いが走り続けている。今週は特にヒドイ。毎日毎日手帳がびっちりスケジュールで埋まっている。

今日も今日とて夕方からの会議が二つ。どちらもスムーズに事は運んだが、帰宅したらぐったり。
悔しいが後の部で、同席の若い女性達10人はドンドン時間が経っていっても皆さん涼しい顔。あくまで朗らかに事は進行していく。こっちは時々合いの手を挟むばかりだったが、最後には、「皆さん是非打ち上げを遣りましょう!」という発言に俄然元気が出た。まだ名前も定かでない女性ばかりの集まりだが、過去に数回の会議でなんとなくお人柄も分かりつつある。こうして時々若者達と同席して新鮮な発言を聞くのも良い。それぞれ社会人として仕事も持ち責任も持つ人達の集まりは気持ちが良い。まずは主題がずれないし、理論の運びに無駄がない。そしてお互いが相手の発言を注意深く聞く。そして全体の場の空気をそれぞれが考えながら発言している。

高齢者も頑張らねば。という気にさせてくれる。まだ、しばらくは付き合えるか?

明日は昼間子守で夜はちぇち練。W先生が久し振りに指導に来て下さる。きっとカツを入れて下さる事だろう。楽しみなこと。

土曜日の同窓会の前日がコンサートで、同行のお方をお連れすることになっている。内容は良いものだろうが、翌日のことが気がかりではある。

同窓会ねえ~。
最後の打ち合わせの時に話題になった人がその日から数日後に亡くなった。そして、今回欠席の返事が来ていて、その文面に泣かされた。おそらくは病室からのものだったろうが、一切それを臭わせない文章。みんなを励まし、一高39会バンザ~イ!と書き、最後に「有り難う!」とあった。

2018年11月 4日 (日)

落語ぺら

いよいよ30周年記念公演が迫ってきた。そのせいで、団体立ち上げから、落語ぺら制作など、記憶を辿ることが多くなってる。何も知らないメンバーも居て、改めて色々伝えても居る。一見落語とオペラという組み合わせは奇妙ではある。しかし、実際にやってみて、それほど奇妙でないことに気が付いた。日本人が歌い演じるのを日本人が観る訳で、日本人としてのDNAは皆同じ物を持ち合わせている。だから、共感という面では違和感が無い。

そして、落語というのが予想以上に相性が良かった。

以前よりも落語に興味と関心を持っている自分が居る。
先日も我が家の近くのコミセンで林家木りんという若手の落語家の話を聞きに行った。ぱっと見はアイドルかと思う程の容姿。背は192㎝もあり、きっと着物を誂えるのも大変だっただろうと思う。経歴を見るとモデルを遣っていた時期もあったようだ。実は大相撲の清国の一人息子。とある。
若者らしく、歯切れの良い江戸っ子弁で期待以上に面白かった。相当場数を踏んでいる人らしく、スキの無い喋りに、すぐに観衆は引き込まれて笑いの連続。
まあ、難を言えば喋りがチト速い。話題の転換もこれ又速い。従って、ぼ~っと聞いているといつの間にか次の話題へと話しが移っている。
この時の観客が高齢者が多く、もう少しゆっくりでも良かったのに~と思ったことだ。
あのバカを売り物にしている林家木久扇という落語家の弟子だそうだ。しかし、どうやらこの人達は本物のバカではないらしい。あたりまえか?
でもって、文藝春秋から著書も出していて、無料公演だったこともあり、一冊購入したが、なかなか面白い内容。、、、この人はきっと出世するんじゃないかしら?話しのセンスが良い。
その日は、午後から近くの老人ホームへと場所を移してやるとのことだったが、エネルギーが要る商売だ。

考えてみると、最初にK師匠に落語ぺらの共演をお願いしてから20年。当時は師匠も若かった。お互い手探りで色々面白かったな~。「お願い出来ますか~?」と恐る恐るへんてこなキャラをお願いすると、笑いをこらえながらも、「ハイハイハイ。」と全て言いなりに遣ってくださった。ある時はほぼヌードでチュチュを着て踊ってもらったり、ある時はらくだの下着で亀の中身に変身してもらったり。それもこれも、師匠の飽くなき芸の道への探求心から実現したことだ。
いやはや、ホントに贅沢なことをやってきた。

「一握りの音楽愛好家」の為でない、「一般の人たちと楽しめるオペラ。」を開拓し続ける、そのためには無くてはならない存在だった。
開拓にはエネルギーが要る。。。。

それにしても「笑い」が生むエネルギーは大したものだ。
今日もNHKではなが~いコントなるものが繰り広げられていたよう。うつらうつらしながら見るともなく見ていて、「新しい年号の発表です」と記者会見の場面が出て、思わず、「ええ?とうとう決まったあ?」と寝ぼけてむっくり起きると、側で見ていた夫が呆れて笑い出した。そりゃそうだ。そんな筈はないわな~。ケケケ。

2018年11月 3日 (土)

ダメだな~。

ダブルブッキング続き。たださえ忘れっぽくなっているのに、横からあれこれ予定を挿入されると、ついうっかり返事してしまってそれがどうにも断れない質のものだったりして、あわわ、、、となる。

一日でこなす量も減っているが、記憶容量がもっと減っている。わが手帳が以前と同じく真っ黒状態だが、完全に幾つかが記憶から欠落している。でもって、うっかり子守にokの返事したりして、むむむむ。。。
昨日やってきたメンバーが、打ち合わせをすっぽかす所だったというと、「それ、前からでしょ?」と言われてしまう。まあ、確かに性格から来るドジもあるにはある。きっと彼女は、こちらのドジは加齢ではないと慰めてくれているんだろうが、、、、。にしても、多すぎる。

今朝は久し振りにM先生とFM二本録り。ドイツ物が専門の先生だが、一本30分は語り尽くせない感満載だった。そりゃあワーグナーのような長いオペラを取り上げると大変だ。M先生が大学でオペラ講座をやり始めてから20年にもなるそうだ。おそろしく時間が立つのが速いなあ。

で、今日の収録中に、12月のちぇちで女装をして歌われるという話しを出したが、案外すんなり変身願望があると告白。オペラでもないと、この願望は満たされないでしょ!?とのこと。まあ、昔から男性が女性のパートを歌っていた時代もあるし、現在でも女性が男性の扮装で歌う事もケッコウあるからして、不思議でも何でもない。問題は、お相手のY先生が「私、笑わずに歌えるかしら?」と先日不安を口にしておられたことだが、さもありなん。M先生が真面目に遣れば遣るほどおかしさがこみ上げる。いやはや、どんなことになりますやら。。。。

2018年10月31日 (水)

さぶっ!と来たら温泉。

確かに嬉しいよ。多忙であると言うことは喜ぶべき事なんだろう。夜はぐっすり眠れるし、常に脳細胞が動いているのが実感できてはいる。

しか~し。あたしゃ年なんだ。と実感する時が増えているのも事実。
例えば、今日。午前中に同窓会の資料作りでいっぱいいっぱい。午後にずれ込んだため、内科の開業時間2時に合わせて「検便」を持参。そこからちょいとユメタウンで一人食事をして、用事を二つほど済ませる。
そこから演劇鑑賞会事務局へと車を走らせ、座席指定のシールをゲット。内一枚をメンバーにお届け。ちぇちのチラシを預けてみたり。
そして、今回のゲストの会社にチラシチケットをお持ちする。
ホントはそのまま、ちぇちのメンバーの職場まで行く予定だったが、それをやっていると母の夕食の時間になってしまうので、ゴメンとラインでお断りして、そのまま施設へ直行。
母が暗い部屋で寝たマンマ、考え事をしていると言い、テレビを見るのも飽きたとか言うので、日曜日に外出を約束して30分ほど居てバイバイ。丁寧な施設の職員の方々のお見送りに恐縮しながら外へ。
一度帰宅して窓を閉めてから、この疲れを温泉で癒やそうとバッグを持った途端、夫がご帰還。つい言ってしまう。「えっ?もう帰ったの?」当然返ってくる言葉は、「悪い?」だわなあ~。仕方なく、温泉行きは夜に回して、まずは買い出し。そして作って食べて片付け終わったら、7時半過ぎていて、、、一瞬止めようかと思ったが、それもしゃくだったので結局車を出す。丁度駐車場に着いたところで、ちぇちのメンバーから電話。我が家に来たいと言うが、申し訳ないが今日ばかりはこの肩こりを何とかしたいので明日に回してもらう。
でもって、ようやくゆったり大きなお風呂に浸かり、芯から温まった。寒いから混んでいるかと思ったが、意外に空いていてリラックスできた。行き帰りの時間を入れて約二時間の贅沢。これで、しばし持つだろう。

ことほど左様にワタクシ目はここんとこ目が回る忙しさ。
そのせいだとは言わないが、昨夜の舞台関連の打ち合わせは、そもそも手帳に書くのさえ忘れて居て、団長、事務局長からメールが来るまで頭になかった。ま、若者が先にやってくれて逆に良かったけどね。
危うくワイン飲むところだった!夫から、「アルコール飲んだんじゃないのっ?」と声懸けられたのに、あれはノンアルコールよっ!」と叫んで飛び出したからねえ~。いやはやいやはや。
こんなことなら、娘親子を食事に呼んだりしなきゃ良かった。手帳頼りの生活だからね~~。
ま、公演自体は何とかカントカ、今回もプロの力をお借りして上手く行きそうだ。やれやれ。
それはともかく、たったいま楽団員からラインで、「ちぇちの去年の公演見てます。」「蓮井さん、挨拶の時内線電話、首からぶら下げたまま舞台で挨拶してます!」と入って来た。わ~お。一年ぶりにこんな事言われても~全く記憶にございません。ま、いろんな事があります。舞台は。

2018年10月27日 (土)

朝風呂。

しばらく前に海外から移住してきている友人Jさんからのメールで、こちらの多忙について触れていて、「朝目覚めた時にすることがある、ということほど幸せなことはない!」とだれかが言ったとのメッセージ。

確かにねえ。これはきっと幸せなことなんだ。何事も意識の切り替えで随分と感想が変わる。


今日は同窓生達と会のための景品の調達に出かけた。女4人寄れば話しが早い。あっという間に結論が出て、すばやく購入。皆さん喜んでくれると良いが。ま、大丈夫だろう。経験豊富な女たちの出した結論だ。
丁度お昼時とて、誰からともなく「お昼どこ行く?」となる。スグ側に洋食レストランがあり、これ又速攻で決まる。
こっちはランチ初めてのお店だったが、同行した二人は既に馴染みらしい。美味しく頂いて、気持ちよく解散。それぞれの役目の確認も出来て、約二時間の外出は終わる。いよいよ迫って来た。

丁度電話がかかり、我が家までお立ち寄りになるという方を急ぎ帰宅してお迎えする。長いお付きあいのこの先生は今やおみ足を悪くされていて、それでも運転されている。そのことを言うと、「いや、逆に足が悪くなって余計運転が必要なのよ。」と仰る。確かに。荷物一つも持てなくなるものねえ。私より15歳年上。自分もその年になって、あのように元気でいられるだろうか?随分前にご主人を亡くされて、長く一人暮らし。変わらずエネルギッシュなのはどんな秘密があるのか?、、、しかし、お互い年は取ったなあ~。

今日部屋の鏡を見てフト思った。「この自分の顔もやがて消えるんだなあ。」すると、一瞬その鏡から自分の顔が消えたような錯覚が、、、、。
自分の周辺の人たちも次々と消えている。突然消えたとしか思えない死が沢山ある。日常を送る中で、亡くなった人のことがひょいと思い出されて、「ああ、あの人も消えたんだ。」と思い知る。
スマホの電話帳も、パソコンの住所録も、亡くなった人のものは全て残してある。これを消すに忍びないという思いからだ。消すことによって、完全に切れてしまうような気がしている。実際は切れているんだけど。。。。

「もののけ姫」なるものを今夜のテレビ放送で見た。何と言っても米良さんの歌が良い。そして、コマーシャルで途切れ途切れになってはいるが最後まで観させてくれたこの作品、人間の心の奥底を描いてなかなかのもの。
善と悪だけでは計り知れない人間の業のようなものを、巧みに描いていた。人は何故憎しみ合うのか。何故欲望から逃れられないのか。真の意味で強い人とは?様々な問いかけが映像から流れてくる。優れた作品だった。
中心に声優ではなく、俳優を使っていてこれも面白かった。特に田中裕子の声の演技は凄みがあった。森光子なんかの声もあったなあ。
大体アニメは余り好きじゃない。一番は顔が余り書き込めない事から来る違和感だ。ただ、それが故に見る人の想像力でどのようにでも面白くなるとも言える。
日本のアニメは今や世界的に評価が高いようだ。時代は変わった。そして価値観も又。


今朝も朝風呂に入った。
近頃こういうのが多いのには二つの理由がある。
一つは夜中まで作業していて、眠い極限でそれを止めるからお風呂は無理となる。
もう一つは、夜中の一人風呂は危険。朝の夫が居る間の方が安全だろうと思ってのこと。
出来ればアズナズールの様にお風呂であの世に逝くのは避けたい。
やっぱり今日も丑三つ時。このまま寝るとしよう。

2018年10月26日 (金)

秋まっただ中。

秋晴れとは昨日今日の様な日のことだろう。出来るならのんびりとどこかに散策に行きたいくらいだが、全くそういう時間は取れず、諦めてはいるものの少々悔しい。

まあ、遣れば遣っただけの結果は出るわけで、頑張るしかない。一つ一つ片付いてきたのは喜ばしい。
こんな日々ではあるが、母が近くに移ってくれたお陰でしげしげと通えるのは有り難い。今日は朝書類を届け、一緒にお茶して、又主治医が来られたというので午後出かけた。でもって、薬を調達して再度舞い戻り、、、、てなことが簡単にできてしまう。
段々新しい環境に慣れてきている母を見るのは嬉しい。
それにしても、職員の皆さんの親切で丁寧な対応に毎度心安らぐ。こういう職業に付く人は特別なハートを体内に持っているのではないか、と思う程に優しい。母はいつも、「いたれりつくせりで、極楽極楽。」と言う。確かにそうだろうと思うなあ。
近くにこんな素敵な施設が出来て、母も私たちもホントにラッキー。入るところが無くて困っている人の話しを聞くこともある。順番待ちで長く待っていると言う人も。これはどうやら政治の政策の問題らしいが。。。みんなが安心して老後を迎えられる世の中になって欲しいなあ。
間もなく自分の問題になるもんねえ~。


色々過去のちぇちの資料を探す内に、色んなものが目に止まる。そりゃあ30年やって来たんだから、色々なことがあった。落語ぺらだけでも過去に10公演してきている。多くの人を巻き込んだ。今ではとてもお願い出来ない凄いアーティストにも協力してもらった。こけ枝師匠も20年前に初めてお会いしたときよりは随分ご出世あそばして、今や有名人だ。
沢山の歌い手さんが参加してくれて、音楽することの楽しさを見せつけてくれた。メンバーのあの頃若かった人たちも良い年齢になって来た。熟したと言うべきか。ドンドン枯れていく私と違って、彼女たちはこれからが花だ。大輪でなくとも良いから、美しい花を咲かせて欲しいものだ。人生は一度っきり。思いっきりやることだ。
明日から雨模様だと言うが、ま、そう言う日も必要だ。雨が好きという友人もいる。

«時よ止まれ。